1


 阪神のドラフト1位・佐藤輝明内野手(21)=近大=が、18日のDeNAとの練習試合(宜野湾)に「3番・三塁」で出場する。今回は昨季10勝を挙げた大貫晋一投手(27)や、開幕投手候補の平良拳太郎投手(25)と、バリバリの1軍投手が相手。セ・リーグの好投手たちから結果を残し、開幕スタメンへと突き進む。

 ▼気合のドラ1「そういうピッチャーを打っていかないと」

 最後まで球場に残って準備を整えた。佐藤輝が自身初の同一リーグとの試合に出場。しかも今回は1軍バリバリの先発ローテ投手との対戦。汗をぬぐい、意気込んだ。

 「そういうピッチャーを打っていかないと、結果を残せない。打ってアピールしたいです」

 ここまで実戦5試合で打率・412(17打数7安打)、1本塁打、3打点と結果を出してきた。ただ、対戦した投手は1軍での実績が少ない若手が中心だった。

 しかし、18日のDeNA戦(宜野湾)に登板する2人は違う。大貫は昨季10勝(6敗)を挙げ、防御率2・53。平良も4勝(6敗)ながら防御率2・27。特に阪神戦では同1・89と、先輩たちを抑えた変則右腕だ。

 ここまで着実に結果を残してきたが、この2人を打てば1軍の一線級にも通用することを証明できる、貴重なアピールの場となる。レギュラーを引き寄せるためにも、是が非でも打ちたい。

 ▼三塁で軽快な動き 守りでも信頼勝ち取る

 大山が背中の張りで実戦から離れているため、今回も三塁で出場することになる。この日のケース打撃でも三塁を守り、打球を5度処理。バントのボールを素手で捕って素早くさばくなど、軽快な動きをみせた。

 個別練習では川相臨時コーチからマンツーマンでハンドリングなどの指導を受けた。「教えてもらっていることを出して、しっかりやっていきたいです」。打撃が非凡なことは証明済み。守備でも安定感を増して、信頼を勝ち取っていく。

 矢野監督は「面白いんじゃない? 今すぐ結果を出してほしい、出してくれたらメチャクチャうれしい」と佐藤輝vs大貫&平良に胸を躍らせつつ「対戦した中から現在地がわかる。佐藤輝も『こうか、ああか』と思えるひとつでもあるので楽しみだね」と糧とすることを求めた。

 「芯でとらえて、気持ちいいヒットを打ちたいです。準備段階で、とらえていいヒットというのが必要だと思うので、目指してやりたいです」と佐藤輝。ラッキーな安打はいらない。バッチリとらえた豪打を放ち、セ界に衝撃を与える。(菊地峻太朗)




どちらもバリバリのローテ投手だしどんな対応するのかめちゃくちゃ楽しみ~! 虎・佐藤輝vsDeNA・大貫、平良! バリバリ1軍投手相手に腕試し(サンケイスポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/8dbcdf51b13ebe9c4eb7a418736c40a1d55cabf8 



明日の横浜阪神戦死ぬ程荒れそう、佐藤くん牧くんどっちが打っても打たなくてもニコニコキッズは煽るし


続きを読む