1


 「阪神2-2ヤクルト」(30日、甲子園球場)

 阪神のドラフト1位・佐藤輝(近大)が今季11度目の1試合3三振を喫し、シーズン102三振と折り返し前の71試合目で100の大台を突破した。

 矢野監督は「やっぱり減らしていかないといけないし、三振数が多いのがいいよというふうには言えない。ただ、俺ら送り出す立場としては、小さいことは気にせずにどんどん行けよという形で送り出したい」と三振数にとらわれることなく、突き進んで欲しいという親心を見せた。

 102三振はダントツの両リーグワースト。プロ野球記録は1993年にブライアント(近鉄)が記録した204三振。新人記録は1999年に福留孝介(中日)が記録した121三振。




阪神佐藤輝明「102」三振は“勲章”「気にせずどんどんいけよ」矢野監督(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース どこかのチームだと三振がホームランの選手はいらないらしい、これがセパの違いってやつか()  https://news.yahoo.co.jp/articles/c8ec21a5222d10f45c41def1f426f296808ed2a8 



佐藤輝明3三振で今季102三振 ブライアント超えるプロ野球記録ペース  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202106300001083.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 


続きを読む