とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    12球団

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/01/21(木) 21:10:43.00 ID:Pmlg0AvQa
     1位 16本 阪神 大山悠輔
     1位 16本 福岡 柳田悠岐
     3位 15本 楽天 浅村栄斗
     4位 14本 ハム 中田翔
     4位 14本 巨人 岡本和真
     6位 13本 巨人 丸佳浩
     7位 11本 横浜 佐野恵太
     7位 11本 千葉 マーティン
     9位 10本 福岡 中村晃
    10位  9本 オリ 吉田正尚
    10位  9本 中日 ビシエド
    10位  9本 中日 高橋周平
    10位  9本 阪神 サンズ

    20位  7本 広島 鈴木誠也
    20位  7本 ヤク 村上宗隆
    20位  7本 千葉 安田尚憲
    39位  5本 西武 山川穂高

    https://baseballdata.jp/mdata/shukunda.html

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/01/21(木) 21:10:58.80 ID:Pmlg0AvQa
    お前ら勝負強い大山さんに何か言うことあるよね?

    6: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/01/21(木) 21:13:38.57 ID:OjGItBm+a
    柳田に並ぶ男

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1611231043/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    12球団


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 21/01/19(火)11:52:00 ID:jIS
    巨人
    阪神 チェン、サンズ、エドワーズ、ガンケル、マルテ→来日済
    中日 ビシエド→来日済
    横浜 
    広島 クロン、スコット、コルニエル(育)→来日済
       フランスア、メヒア→コロナ陽性
    ヤク スアレス、マクガフ→来日済

    福岡
    千葉 フローレス、サントス(育)→来日済(待機中)
    西武
    楽天
    ハム
    オリ モヤ→来日済

    あっとる?

    ※追記 2021/01/19 11:59:50
    オリ ヒギンス、AJ→来日済

    引用元: https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1611024720/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/12/27(日) 20:29:19.76 ID:CAP_USER9
    全投手でトップは阪神のスアレスで平均155.6キロ

    見るものをワクワクさせてくれる剛速球。近年のプロ野球界では150キロ超の真っ直ぐは珍しくなくなり、ソフトバンクの千賀滉大投手や西武の平良海馬投手、阪神の藤浪晋太郎投手など、日本人でも160キロを超える投手が出てきている。

    日本人最速、そして国内最速は2016年に日本ハムの大谷翔平投手がマークした165キロ。巨人のチアゴ・ビエイラ投手が今季の日本シリーズでマークした164キロが2位で、藤浪らの162キロが3位となる。

     では、今季のプロ野球でストレートのアベレージ球速が速かった投手は一体誰なのだろうか。セイバーメトリクスの指標を用い分析などを行う株式会社DELTAのデータを基に検証してみる。なお、対象は20イニング以上を投げている投手に限定した。

     今季12球団でストレートの平均球速が最も速かったのは阪神の守護神ロベルト・スアレス投手。アベレージは155.6キロだった。これに次ぐ2位は155.5キロで西武のセットアッパーのリード・ギャレット投手となり、巨人のチアゴ・ビエイラ投手(155.4キロ)、中日のライデル・マルティネス投手(154.7キロ)、DeNAのエドウィン・エスコバー投手(153.7キロ)と続く。

    日本人最速は西武平良で153.4キロ、先発投手の最速はソフトバンク千賀
     上位5人は助っ人投手が占め、日本人の最速は西武の平良で平均153.7キロ。平良は全選手で6位に位置し、ロッテの澤村拓一投手が153.6キロで7位となる。8位は巨人のルビー・デラロサ投手で、やはり短いイニングを全力で抑えに行くリリーフ投手が上位を占める形になった。

     先発で平均球速トップはソフトバンクの千賀滉大投手でアベレージは153.4キロ。これは全体では9位になる。先発投手で千賀に続くのは日本ハムのドリュー・バーヘイゲン投手の152.9キロ。オリックスの山本由伸投手は151.3キロで先発では千賀、バーヘイゲンに次ぐパ・リーグの先発では3位だった。

     セ・リーグの先発投手で1位は中日のヤリエル・ロドリゲスで149.8キロ。これは全体で22位。日本人に限れば、巨人の菅野智之投手が148.9キロでトップとなり、全体では31位となった。なお、今季はリリーフでの起用が多かった藤浪は平均152.9キロ。20イニング以上投げている投手の中で12位となっている。

     20イニング以上投げた投手の上位40人の内訳はセ・リーグ23人、パ・リーグ17人となる。セ・リーグ23人のうち先発投手は3人、外国人が12人。一方、パ・リーグの17人のうち先発投手は7人、外国人は9人となっている。

    データ提供:DELTA
     2011年設立。セイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える デルタ・ベースボール・リポート1~3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクス・マガジン1・2』(DELTA刊)、メールマガジン『1.02 Weekly Report』などを通じ野球界への提言を行っている。集計・算出した守備指標UZRや総合評価指標WARなどのスタッツ、アナリストによる分析記事を公開する『1.02 Essence of Baseball』も運営する。

    12/27(日) 18:22
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201227-01013767-fullcount-base

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1609068559/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    12球団


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 20/10/18(日)11:25:55 ID:I8u
    中日 11勝3敗
    広島 7勝6敗2分
    巨人 7勝7敗1分
    阪神 6勝7敗1分
    横浜 6勝7敗
    東京 3勝10敗

    福岡 11勝3敗1分
    西武 7勝6敗1分
    楽天 6勝7敗1分
    千葉 6勝7敗
    日公 5勝8敗1分
    檻牛 5勝9敗

    引用元: https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1602987955/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/10/12(月) 03:53:19.52 ID:CAP_USER9
    「今年の契約交渉はかなり揉める可能性があります」

     関大名誉教授の宮本勝浩氏(理論経済学)がこう言った。

    宮本氏は先日、「2020年のプロ野球の経済的損失」のリポートを発表。プロ野球は今季、コロナ禍により試合数が120試合に縮小。無観客で開幕するなど、球団収入の柱となっている観客動員数が大幅に減る。観客動員の上限が最大収容人数の50%のままシーズンが終了すれば、今季の12球団の売上総額は前年と比べて約1423億円の損失になると分析(パのCSを除く)。1球団平均で120億円もの赤字を抱えるというのである。

    ■赤字解消に数年

     宮本氏が続ける。

    「DeNAの南場オーナーは『かつてない危機的状況』と発言するなど、オーナー側からも厳しい声が上がっている。プロ野球は入場料収入が大きな柱。例年、巨人や阪神のように年間300万人を動員する球団はだからこそ儲かる。しかし、このまま行けば今年はどの球団も大赤字を抱える。例年、年間の観客動員数が100万人台と規模が小さい球団は、さらに厳しい経営状況に追い込まれます。プロ野球の球団は米大リーグのように、放映権料の分配金はなく、人件費(選手年俸)が収入の半分を超える球団も多い。そもそも大きな収益を上げづらい構造になっている。今季の赤字を取り戻すためには数年かかるでしょう」

     実際、DeNAは保有していた陸上のランニングクラブを今年度限りで解散することを決めた。しかも、コロナ禍は終息の兆しが見えず、来季も通常通りの開催ができるかどうかも不透明だ。

    「球団経営がかなり厳しい状況に追い込まれていることは間違いありません。これは、今オフの契約更改にも影響するはず。今季の試合数が120に縮小され、勝利数や本塁打数など積み重ねる数字に関しては少なくなりますが、契約更改の席で例年の成績を持ち出され、『成績が落ちている』と減額提示されるケースも考えられます」(宮本氏)

    全文はソース元で
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b92f5b20974f9b1f31f51527b73c762c225b88f8
    no title


    ★1  2020/10/10(土) 15:04:36.86
    前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1602309876/

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1602442399/

    続きを読む

    このページのトップヘ