とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    12球団トップ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <巨人1-8阪神>◇1日◇東京ドーム

    阪神佐藤輝明内野手(23)が逆転劇の口火を切った。

    1-2の6回先頭。左腕高橋から左中間への二塁打を放ち、その後の糸原、梅野の適時打を呼んだ。「何とか早く、みんなで頑張って点を取ってあげようという感じだった」。同じドラフト1位で3学年下の西純の好投に報い、ホッと胸をなで下ろした。11二塁打は12球団トップ。4試合連続安打と好調を維持している。




    佐藤輝明、どんな好投手相手でも当然のようにカウント作れるようになってるの強すぎる



    阪神・佐藤輝明が逆転の火付け役 「このまま勢いよくやっていきたい」 - サンスポ  https://www.sanspo.com/article/20220501-S5TKE3FLFFKK3DFZ6EWPFYMJPE/  @SANSPOCOMより


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <阪神5-3ヤクルト>◇29日◇甲子園

    阪神守護神ロベルト・スアレス投手が9回を3者凡退で両リーグトップの23セーブ目を挙げた。

    先頭オスナには内角低めに159キロのツーシームで空振り三振。宮本をチェンジアップで二ゴロ。「あと1人」コールを浴びながら、中村を160キロで中飛に仕留めた。連敗中は出番がなく、中6日でのマウンド。「勝ったんでそれがやっぱりうれしい。先週は悔しい負け方をしたんで。非常に満足している」と笑顔だった。




    タイガース連敗止めた◯ 青柳7勝目◯ スアレス23セーブ⚾ 明日も勝つ🐅🐅



    6/29 スアレス選手 pic.twitter.com/Hp3DDV5soK


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/05/31(月) 07:58:20.22 ID:CAP_USER9
     開幕からセ・リーグで順調に首位を走る阪神。大物ルーキーの佐藤輝明に注目が集まっているが、ここまでチームを牽引しているのは、投手ではガンケルとスアレス、野手ではサンズ、マルテの外国人選手であることは間違いないだろう。この外国人獲得の成功率の高さは、実は阪神の“大きな強み”と言える部分である。

    8回のタイトル獲得
     2010年以降に阪神に在籍してタイトルを獲得した選手を調べてみたところ、以下のようになった。

    <投手5人、タイトル獲得回数8回>
    メッセンジャー(2010年~2019年)
    最多勝1回(2014年)、最多奪三振2回(2013年、2014年)

    呉昇桓(2014年~2015年)
    最多セーブ2回(2014年、2015年)

    マテオ(2016年~2018年)
    最優秀中継ぎ投手1回(2017年)

    ドリス(2016年~2019年)
    最多セーブ1回(2017年)

    スアレス(2020年~)
    最多セーブ1回(2020年)

    <野手2人、タイトル獲得回数5回>

    マートン(2010年~2015年)
    首位打者1回(2014年)、最多安打3回(2010年、2011年、2013年)

    ゴメス(2014年~2016年)
    打点王1回(2014年)

     阪神は、投手と野手をあわせて7人で、8回のタイトル獲得回数を誇っている。ちなみに、10年以降で、7人のタイトルホルダーというのは、12球団で最多の数字である。また、タイトル獲得には至らなかったものの、投手ではスタンリッジ、ジョンソン、野手では、ブラゼルが好成績を残しており、冒頭でも触れたように、今年在籍している選手の活躍も見事という他ない。

    75試合で8本塁打
     ただ、驚くほど阪神が外国人選手の獲得が上手いというイメージは定着していない。その1つ目の理由は成功した選手が投手に偏っているということが考えられるだろう。

     さらに、投手でタイトルを獲得した5人のうち4人がリリーフ投手であり、長くローテーションを守ったのはメッセンジャーだけである。外国人のリリーフ投手といえば、03年と05年にリーグ優勝を果たした時も、ウィリアムスが勝利の方程式“JFK”の一角としてフル回転している。ただ、やはり先発投手や野手と比べると、どうしても地味なイメージというのは致し方ないところだろう。

     もうひとつは、高い期待を背負って来日した選手が、失敗に終わったケースが目立っているという点だ。古くはチームの暗黒時代だった1997年に来日したグリーンウェルを思い出すファンも多いだろう。メジャー通算1400安打、130本塁打の実績を誇り、当時の球団史上最高額となる高年俸で入団したものの、自打球での骨折をきっかけに突如引退を表明。日本での出場はわずか9試合に終わった。

     近年の代表例は2018年に入団したロサリオだ。メジャーや韓国で安定した数字を残し、来日当時29歳という若さもあって推定年俸3億4000万円という高額での契約だったが、結局75試合の出場で8本塁打という寂しい数字に終わり、わずか1年で退団している。他にもディアー、メンチなど結果を残せなかった大物選手が目立つ。高額な年俸で期待も大きかったがゆえに、それを裏切られた時のショックも大きかったと言えそうだ。

    全文はソース元で
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b5518fb482ba9d1e2ac4586fb74a222a15f37f0d
    no title

    7: 名無しさん@\(^o^)/ 2021/05/31(月) 08:03:54.77 ID:5S/e9HL+0
    ええの獲ったわ!



    引用元: https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1622415500/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <DeNA6-4阪神>◇10日◇横浜

    阪阪神の新助っ人ジェリー・サンズ外野手が勝負強さ全開の適時打を決めた。

    3番左翼で出場し、4点を追う6回無死一、二塁。国吉の変化球をはじき返して三遊間を破り、1点をかえした。「ランナーをかえすことのできる球を待って、強いスイングをすることを心掛けたよ」。

    得点圏打率は23打数12安打、5割2分2厘で両リーグトップ。昨季の韓国球界打点王が、日本でもポイントゲッターぶりを発揮している。




    ポジ要素 ・大山スランプ脱出 ・高山マルチヒット ・中谷は得点圏で仕事する ・サンズは今岡の再来の可能性



    高山大山はよかった 近本も打ち続けてるし○ 中谷も三振せずきっちり返したのはよくなってる サンズも相変わらず高い得点圏打率 投手采配もう少し何とかしなきゃ無理 実績が全てじゃねぇんだよ #hanshin


    続きを読む

    このページのトップヘ