とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    12球団ワースト

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1-1


     「阪神3-8ソフトバンク」(6日、甲子園球場)

     行楽日和の甲子園。スタンドからは何度もため息が漏れ、時には怒声も飛んだ。阪神はプロ野球タイ記録の16試合続いていた、連勝&連敗無しの“オセロ珍現象”は黒星でピリオド。日曜日の連勝も「9」でストップとなった。

     予期せぬアクシデントに見舞われ、試合前からドタバタだった。当初、先発予定だったガンケルが5日の練習後に喉の痛みなどを訴え登板回避。2軍戦に先発予定だった西純が緊急登板したが、初回にいきなり3失点。ルール上、ガンケルがベンチ入りとなった条件で、ビハインドを背負う展開となった。

     「これは今年も起こりうることやし。だからこそ悠輔(大山)とかそういうところに引っ張っていくところを見せてほしかった」と矢野監督。いきなり浴びた先制パンチを含め、苦しい状況だったからこそ、4番であり主将の大山に期待を込めていたが…。

     大山は二回にチーム初安打となる右前打、四回無死一塁では中前打でチャンスを演出。和田攻略へ快音を奏でたが、前日に続き守備で痛いミスが出てしまう。0-3の四回は2死無走者から一塁へ悪送球。2試合連続の失策をきっかけにピンチを招き、2番手・斎藤は今宮に適時打を浴びた。流れを考えても重い4点目だった。

     守備の乱れは八回にも連鎖した。無死一塁で二盗を阻止しようとした坂本が二塁悪送球。2死三塁からは今宮の二遊間への打球を遊撃・中野がグラブに当てながらはじき、2試合連続1試合3失策に。これで12球団ワーストの42失策となった。

     「チーム状態としてはいろんなことがありますけど、全員でやっていければ乗り越えられる部分がまだたくさんあると思うので」

     連敗は4月27、28日・中日戦以来となる今季4度目で、甲子園1カード内に限れば今季初となったが、矢野監督は前を向く。8日から札幌-仙台と続くビジター6連戦。チームを立て直し、試練の交流戦を乗り越える。




    負けるべくして負けた、というべきか。 阪神 試合前からドタバタ 2戦連続3失策で日曜神話&オセロ止まった/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2021/06/07/0014394309.shtml  @Daily_Onlineより



    五輪期間中に「川相塾」夏期講習を開講しなければいけませんな(^^; 阪神2戦連続3失策、12球団ワースト42失策 矢野監督「乗り越えられる」(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/aeaa9a1d9b42d19ced9c4ff0d6c638d3f2a1269c 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


     プロの世界は結果の世界だ。活躍した者が称賛され、失敗した者は非難される。分かりやすいのは、テレビの野球中継か。選手が打てなかった時は打撃コーチが、守備でミスした時には守備コーチが頻繁にアップされる。阪神の久慈、藤本内野守備走塁コーチにとっては、苦い記憶として残る1年にもなった。

     今季、守備面では12球団ワーストの102失策。最下位となった2000年以来、19年ぶりの屈辱でもあった。今季から1軍に上がった藤本内野守備走塁コーチは言う。「何を言っても、こうやって数字が出て、それで判断されるのがプロの世界。これが今年1年の答えですからね」。担当コーチとして、悔しい胸中を隠さない。改めて102失策の内訳を振り返ると…。

     【一塁】

     中谷 2

     原口 1

     マルテ 7

     【二塁】

     糸原 4

     上本 1

     ソラーテ 2

     【三塁】

     糸原 1

     大山 20

     北條 1

     【遊撃】

     糸原 2

     木浪 15

     ソラーテ 2

     鳥谷 1

     北條 11

     【外野手】

     糸井 2

     高山 1

     近本 4

     福留 2

     中谷 1

     陽川 1

     【捕手】

     梅野 5

     坂本 1

     【投手】

     青柳 3

     岩田 1

     ガルシア 1

     ジョンソン 1

     島本 1

     高橋遥 1

     谷川 1

     ドリス 4

     浜地 1

     守屋 1

     大山の失策数20は両リーグワースト。続いて木浪が同2位に続く。ともに24歳。阪神の内野は全体的に若い選手が占める。藤本コーチは「みんな当たり前のことを、当たり前にやる難しさを感じただろう」と言う。失敗が経験になり、糧にする時期ではある。だが、同コーチは「若い子を使っています…というのは今年まで。来年はそんな甘いことは言えない」と続ける。

     「選手が一番よく分かっているはず。シーズン後半はミスも少なくなってきた。CSはすごくいい経験になったと思う。この経験が自信になる。これをシーズンでも当たり前にできるように。ようやくスタートラインに立ったところですね」

     だからこそ秋季練習、秋季キャンプでは基本に立ち返る。求めるのはシーズンを振り返るための「考える時間」、徹底した「反復練習」。「どういう目的意識でやっていくか。シーズンの答え合わせの時間にしてほしい」。グラウンド内外で選手に寄り添い、ともに歩みながらレベルアップを支えるつもりだ。

     「打撃でも守備でもトップが大事。基本をおろそかにさせないこと。まずは軸になる基礎練習。楽をせず入りこむ。数センチの差が球際に変わってくる」

     プロは結果の世界である。称賛と非難は常に隣り合わせだ。内容、過程があるにせよ、全ては数字が語る。矢野監督も18日のオーナー報告会見で「(ミスが)1個、2個減ることで、何勝も変わってくる可能性がある」と言った。硬式球の直球は約7センチ。ボール1個分…いや、半個分でも守備範囲が広がれば、ヒットゾーンは格段に狭まるだろう。

     「これが現実。シーズンが終われば数字はリセットされる。でも、マイナスからのスタート。気持ちはリセットはさせない」。悔しさは胸に刻ませながら、手応えは自信として植え付けながら。反省と終盤の収穫を2020年シーズンにつなげたい。“7センチの差”で勝敗が変わる世界。10月30日からは高知県で20日間、若手を中心に秋季キャンプに入る。

     気付けば2005年のリーグ優勝から、14年の歳月が過ぎた。これは1998年を最後に、優勝から遠ざかっているDeNAに次ぐ。さらに日本一となれば1985年が最初にして最後である。15年ぶりの頂点に避けて通れない課題。実りの秋にするべく、若虎は安芸で鍛錬を積む。(デイリースポーツ・田中政行)




    来季、阪神の課題のひとつが 12球団ワーストの102失策だった守備力の向上である事は疑う余地もない 問題はどうやってこの課題を解決していくかだ pic.twitter.com/ws741EGzZe



    桧山さんが言う通り守備は練習すれば必ず上手くなる 守備力がないのはまさに練習量不足の表れだ これはプロとして恥ずかしい事だと阪神の選手たちには思ってもらいたい



    @YAMATO20894699 髙山君は守備練習に力を入れてたらしく、今年はチームを救う守りが何回もありました。 守備ヘタの代名詞みたいに言われてたけど、努力は報われます。 他の野手、特に内野手は秋と春のキャンプでガッチリ練習してほしいですね。



    @caaba160de1a44b 高山は確かに今年は守備で一番伸びた選手だと思います それは間違いなく努力してきた成果でしょう しかしチーム全体として12球団ワーストの102失策はやっぱり改善していかないと、と思っています


    続きを読む

    このページのトップヘ