1


 阪神の矢野監督が「DEATH(デス)ノック」にノッカーとして登場した。沖縄・宜野座キャンプでの紅白戦後、小幡と木浪が交互に三塁、遊撃の位置で2カゴ分を捕球した後に、指揮官が満を持して登場し小幡に149球、木浪に148球のノックの雨を降らした。ノック全体では1時間15分におよび小幡は455球、木浪は449球を捕球。最後捕球した小幡はグラウンドに仰向けで倒れ込み、しばらく動けなかった。第1クールの最後を締めくくる「鬼の練習」だった。




紅白戦のあとも練習は続きます!矢野監督のノックに木浪選手、小幡選手が喰らいつく! #hanshin #虎テレ #阪神タイガース #挑超頂 虎テレでは宜野座・安芸キャンプをライブ配信  https://movie.hanshintigers.jp  https://t.co/gVZm5V7JaX



@TigersDreamlink しっかりと送球まで練習しないと意味がないのでは? 内野手なら特に取るだけではアウトに出来ないので



@TigersDreamlink 1時間半よう頑張った!!



@TigersDreamlink Deathノックえぐい


続きを読む