1


<巨人5-10阪神>◇20日◇東京ドーム

阪神ドラフト1位佐藤輝明外野手が7回に3戦13打席ぶりの安打を放った。左腕高木の内角高め148キロ直球にバットを折られ詰まった打球は遊撃前へ転がり内野安打となった。

3回にはこの日がプロ初登板の巨人平内とドラフト1位対決。自身の外れ1位となった右腕との対決はフルカウントから佐藤輝が四球を選んだ。

東京ドーム初登場のこの日は3三振。サンチェスには高め直球で三振。変則左腕大江、左腕戸根にはいずれも外角低めボール球のスライダーで空振り三振と、ボールゾーンに打ちにいってやられた。矢野監督は「その経験をね。すぐ結果に出るとは思っていないし、でもストライクを打たないと打てないよね。我慢する怖さも作っていかないと。そう簡単には打たせてくれない。これをどうするかをまた楽しみにしていきたい」と、糧にすることを望んだ。




2021/4/20 阪神・佐藤輝明 #Tigers_summary pic.twitter.com/YdjPQXsaJd



今の佐藤輝の内野安打 めちゃくちゃ変なヒットやけど、ヒットはヒットや!



続きを読む