1


<プロアマ交流戦:阪神-カナフレックス>◇26日◇鳴尾浜

阪神ドラフト1位の森木大智投手(19=高知)が、プロ初先発で自己最長の5回を投げ、2安打1四球無失点と好投した。自己最速タイの154キロの直球を軸に、スライダー、スプリット、カーブなどを織り交ぜ、社会人チームを圧倒。初回先頭から4者連続三振を奪うなど、計9奪三振と力を示した。イニング別の詳細は以下の通り。

【1回】

1番新宅 外角低めスプリットで空振り三振

2番米倉 外角152キロ直球で空振り三振

3番山崎 外角低め154キロで見逃し三振

【2回】

4番古和田 内角スライダーで空振り三振

5番森田 遊ゴロを遠藤が一塁へ悪送球で出塁

6番沢田 一塁走者の森田の盗塁を中川が阻止し2死。沢田は外角低めのツーシームで空振り三振

【3回】

7番福田 スライダーで三ゴロ

8番杉本 内角151キロ直球で見逃し三振

9番田中慧 四球。2死二塁

1番新宅 148キロツーシームで遊飛

【4回】

2番米倉 146キロを捉えられ、中前打で出塁

3番山崎 146キロで二ゴロ。1死二塁

4番古和田 内角148キロで遊ゴロ2死二塁

5番森田 外角低め135キロスプリットで空振り三振

【5回】

6番沢田 外角低めスプリットで空振り三振

7番福田 低めのカーブで空振り三振

8番杉本 左中間への長打を浴びるも、7-6-5の中継プレーで三塁でタッチアウト




森木君良かったみたいやね😳怪我しないように🙏これからが楽しみです! #阪神タイガース



森木は実戦デビューしたんや


続きを読む