1


 「オープン戦、ヤクルト4-9阪神」(27日、ANA BALLPARK浦添)

 “開幕前哨戦”でローテ6番手争いから一気に抜け出しそうな気配だ。阪神・藤浪晋太郎投手(27)が、オープン戦初登板でほぼ主軸が並んだヤクルト打線を2回1安打無失点に封じ、開幕ローテ入りへ大前進した。ガンケルのアクシデントにより急きょの先発マウンドだったが、ストライク先行の投球を展開。矢野監督は安定感が増した姿を高く評価し、チームはオープン戦初勝利をマークした。

 最高気温21度。沖縄ラスト登板は文句なしの快投締めだ。突然、崩れそうな気配はまるでなし。ここ数年のイメージを一新するような投球で、藤浪がヤクルト打線を圧倒した。

 「ほとんど意図のあるアウトというか、コントロールというよりコマンド(制球力)。しっかりとボールを操れたんじゃないかなと思います」

 初回から程よい力感で腕を振った。先頭・山崎に150キロ超えの直球を5球続け、最後は内角153キロで空振り三振。2死からサンタナに右中間二塁打を浴びたが、4番・村上との対戦では心の余裕を感じさせた。初球114キロのカーブでストライクを奪うと、2球目の155キロで二ゴロ。二回も売り出し中の内山壮を152キロで見逃し三振に斬るなど、3人であっさり料理した。

 「試合前にキャッチャーと『第1球目を絶対ストライクで』と話があったので、実現できたかなと。ある程度、全球種コントロールというか、操れているかなと思います」

 最速157キロの直球にカットボール、フォークなどを交えて2回1安打無失点。ガンケルの先発回避によって登板が前倒しになった影響もなく、何よりも四死球ゼロが光る。

 開幕ローテ入りへ、大前進だ。現状はドラフト3位・桐敷(新潟医療福祉大)らと6番目のイスを争う立場だが、矢野監督は「いやぁ良いボール行ってたね。勝てる球投げていたんじゃないの」と絶賛。その上で「(先発枠に)入ってもらわなもちろん困るし、今日の球やったら投げたら勝てる投球になってくると思うんで。あとは長いイニングをこれから投げていってどうなるか。走ってくるとか、動くとかいろいろ揺さぶられることも出てくると思うので」と最後の課題を挙げた。

 今キャンプは実戦4試合、計10イニングを投げ、防御率1・80と抜群の安定感を誇る。藤浪は「大きなキッカケというか技術的なこと、教えてもらったことができてきている」と巨人・菅野との自主トレの成果を実感。3月以降も「『藤浪、使いたいな』と、『支配できる投球』をやっていきたい」と続けた。好調を持続させ、開幕ローテの切符を一気に奪う。




【ブレないデイリー】今日の一面 阪神・藤浪 今季はイケル!スクランブル先発も2回0封四死球0 ローテ入りへ大前進 記事はコチラ→ https://www.daily.co.jp/tigers/2022/02/28/0015096798.shtml  #タイガース #阪神 #ブレないデイリー pic.twitter.com/PrLpjTbdOj


続きを読む