とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    2安打デビュー

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    ◆オープン戦 阪神2―2巨人(13日・甲子園)

     阪神のドラフト4位ルーキーの前川右京外野手=智弁学園=が「7番・左翼」で1軍デビュー。第3、第4打席で連続安打を放った。スポーツ報知評論家の掛布雅之氏は「1年目の私と比べるとレベルは上」とスケールの大きな高卒新人を絶賛した。

     ※ ※ ※ ※ ※

     2、3年後が本当に楽しなスケールの大きな選手が現れた。1年目の私と比べると、前川の方がレベルは上。下半身がたくましく、スイングの土台がしっかりしている。高卒ルーキーでこれだけ力強く振れる選手を阪神で見たことがない。同じ左の長距離打者でも、佐藤輝とは違い、タイプ的には西武の森友哉に似ている。

     安打は2本とも変化球を崩されながら拾った。左投左打だが、右投左打のようにリードする右腕を器用に使えていた。利き腕の左腕の押し込みもあるので、長打も期待できる。

     ただ、阪神の1軍の外野陣の層は厚く、すぐにレギュラーで使う状況ではない。代打でたまに出場するぐらいならば、2軍で数多く打席に立たせて、経験を積ませたい。打撃フォームはいじる必要ないが、外野守備の練習には高い意識を持って取り組ませてほしい。私も1年目の全体練習はほぼ守備だけで、打撃は一人の時間で磨いた。ただ打つだけでなく、最後までグラウンドに立って、チームを背負える選手に育ってほしい。(スポーツ報知評論家)

     ◆掛布雅之の1年目 習志野高3年時の1973年秋に阪神2軍練習にテスト参加し、素質を認められてドラフト6位で入団。1年目のオープン戦、太平洋(現西武)戦(鳴門球場)に「7番・遊撃」で初スタメン出場し、東尾修から2安打をマーク。その後の試合も打ちまくり、開幕1軍入りを果たした。1年目は83試合に出場し、打率2割4厘、3本塁打、16打点。







    【阪神】掛布雅之氏、2安打デビューの前川右京を絶賛「私の1年目より上」(スポーツ報知) #Yahooニュース うんうん♪楽しみやなあ✨  https://news.yahoo.co.jp/articles/edaf375d1425ef14fac2125dd9be06a6565e7a57 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    ◆オープン戦 ソフトバンク―阪神(5日・ペイペイドーム) 

     阪神のドラフト1位・佐藤輝明内野手(21)=近大=が今季初のオープン戦に「3番・左翼」で出場。初回2死には石川の145キロの直球を捉え、左翼テラス席に先制ソロ。9回先頭では岩崎の152キロの直球を捉え、左翼前にはじき返した。

     3回1死三塁では二飛に打ち取られたものの、折れたバットが右翼手の前まで飛んでいった。6回先頭は投ゴロだった。




    佐藤輝明選手は本当に凄い‼️ モノノフ石川柊太投手もビックリ⁉️ 初回の第一打席でいきなりの本塁打⁉️ 化け物😅🐯 しかもこの日はマルチ安打を記録✨ 今季の開幕投手の石川投手から打ったのよ❓ いくら調整期間とはいえ 打たれた方は 空いた口が塞がらんわねww pic.twitter.com/owOZTqoDgt





    続きを読む

    このページのトップヘ