とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    2年連続

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇交流戦 阪神6-1オリックス(2022年6月10日 京セラD)

     阪神は投打が噛み合って快勝し、交流戦2年連続での勝ち越しを決めた。

     初回2死一、二塁で5番・大山が右翼線へチーム22イニングぶりの得点となる先制の適時二塁打。大山は2点リードの5回2死一、三塁でも山崎福から左翼5階席に飛び込む14号3ランを放ち、勝負を決めた。

     投げては青柳が7回2安打無失点とこの日も好投。今季交流戦23回2/3イニングを自責0と驚異的な投球を続けるエースが、巨人・戸郷と並んでリーグトップの7勝目を挙げた。




    オリックス 1 - 6 阪神 [勝] 青柳7勝1敗0S [ホームラン] 大山スリーラン14号  http://score.hanshintigers.jp/game/score/table/table20220610.html  #阪神タイガース #イチにカケルpic.twitter.com/Io5hsFxtgb



    やったー!今日は勝ちました。 ヤギさん、悠輔ありがとう☺  https://twitter.com/TigersDreamlink/status/1535239990208524288 



    #とらほー ! 打線の沈黙を破ったのはやっぱり大山さん! タイムリー、ホームラン😆 もう、すごい!しか言えない😅 そして、青柳さんは2試合連続無失点! 投打にここまで頼もしい選手がいる幸せ😁 #大山悠輔 選手 #青柳晃洋 投手 #阪神タイガース #hanshintigers  https://twitter.com/TigersDreamlink/status/1535239990208524288 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <阪神-ヤクルト>◇25日◇京セラドーム大阪

    開幕戦の両チームスタメンが発表された。阪神は佐藤輝明内野手(23)が「4番右翼」に座った。球団生え抜き4番が開幕戦で本塁打を放つと、84年掛布以来の快挙となる。阪神開幕投手は2年連続で藤浪晋太郎投手(27)が大役を務める。

    ヤクルトは、小川泰弘投手(31)が2年連続6度目の開幕投手で、再び藤浪と投げ合う。メンバーは以下の通り。

    <阪神>

    1番中堅 近本

    2番遊撃 中野

    3番一塁 マルテ

    4番右翼 佐藤輝

    5番二塁 糸原

    6番左翼 糸井

    7番三塁 大山

    8番捕手 梅野

    9番投手 藤浪

    先発 藤浪

    <ヤクルト>

    1番中堅 塩見

    2番左翼 青木

    3番二塁 山田

    4番三塁 村上

    5番右翼 サンタナ

    6番遊撃 長岡

    7番一塁 オスナ

    8番捕手 古賀

    9番投手 小川

    先発 小川




    【3月25日 T-S 公式戦】 本日のスタメン発表 先発投手は藤浪投手です!  https://hanshintigers.jp/game/score/  #阪神タイガース #イチにカケル



    @TigersDreamlink 勝て。なんとかなる



    @TigersDreamlink キタキタキター 頼むで!藤浪さん!


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     2年目のカベを乗り越える準備を整える。伊藤将司が先発としてフル回転した1年目を振り返り連続2ケタ勝利に向けて動き出した。

    「点差のあるシチュエーションで三振がほしい場面が何試合もあった。ここ一番というところで三振が取れる投球術をマスターしたいと思っている」

     そこで伊藤が学んだのは、阪神出身で、同じ左腕のオリックスの能見篤史だ。沖縄での自主トレーニングに合流してアドバイスを受けた。

     昨年10月13日巨人戦(東京ドーム)では中継ぎで登場し、3イニングを1安打無失点に抑えてプロ初ホールドを挙げるなど失投が許されない場数を踏んできた。

     球団新人左腕としては、1967年(昭42)江夏豊の12勝以来2人目、54年ぶりの2ケタ勝利(10勝7敗、防御率2.44)をする働きだった。

    「1試合1試合に緊張感のある経験をした。チーム自体、優勝がかかっていたので必死だったが、これを2年目につなげたい」

     23試合に登板した昨シーズンは計79三振、奪三振率は5.07だった。この数字をさらに上昇させるためにフォークの完全マスターに踏み切るなど緩急つけた投球に磨きをかける。

     また本人は「前半に多かった被本塁打が後半は少なくなった」と分析。投球の幅を広げながら昨季の15被本塁打を少しでも改善していくつもりだ。

     左腕が目立つ虎投の中で「自分もまだ一軍に定着した選手でないと思っているので気を引き締めていきたい」と真摯(しんし)に取り組んでいく。

    週刊ベースボール




    #オーロラビジョン】 阪神 伊藤将司 新球種をマスターし2年連続2ケタ勝利へ/#2年目のジンクスに挑む 自分もまだ一軍に定着した選手でないと思っているので気を引き締めていきたい #伊藤将司 #阪神 #阪神タイガース #tigers  https://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=015-20210115-10 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     プロ野球、阪神タイガースの近本光司選手(27)が8日、自主トレーニングのため鹿児島県の沖永良部島を訪れた。和泊町の沖永良部空港では、島内の野球関係者らが横断幕を掲げて歓迎した。23日まで滞在し、春季キャンプ前の体力づくりなどを行う。

     近本選手が沖永良部島で自主トレを行うのは昨年に続き2回目。和泊町の町民運動広場や知名町のELOVEトレーニングジムなどを拠点に練習する予定。

     同空港前で歓迎セレモニーがあり、前登志朗和泊町長は「有意義なキャンプを過ごし、昨年以上の活躍ができるよう祈っています」と激励した。

     近本選手は左投げ左打ちの外野手。2021年は140試合に出場し、セ・リーグで最多となる178安打を放った。打率3割1分3厘、10本塁打、50打点。ゴールデングラブ賞、ベストナインも初受賞した。

     近本選手はセレモニー後、「温かい気候の沖永良部では、しっかりと体を動かしてシーズンと同じようなプレーができる。自分の体を思うように動かすというところを意識して、トレーニングしたい。ヤギ汁を食べるのも楽しみ」と話した。

     同球団の選手会長を務める近本選手は昨シーズンについて「あと一歩のところで、リーグ優勝を逃してしまった。チームもファンも悔しい思いをした」と振り返り、「今年はチームを引っ張って日本一になり、たくさんの人を喜ばせたい」と述べた。




    今年も近本沖永良部で自主トレか! pic.twitter.com/EjD1SdcfhQ


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「NPBアワーズ2021」(15日、都内)

     阪神を今季限りで退団したロベルト・スアレス投手(30)が、2年連続となる最多セーブ投手賞を受賞した。

     ビデオメッセージでは「コンニチワ。2年連続でセーブ王のタイトルを取れたことを、とてもうれしく思います。毎日、チームの勝利に貢献できるよう私の100%を出して全てのセーブ機会を生かせるように投げました。それが良い結果につながったと思います。アリガトウゴザイマス」と、日本語のあいさつも交え、笑顔のコメントを寄せた。

     今季は62試合に登板して42セーブ、防御率1・16。今月1日に、米大リーグ・パドレスと契約を結び、メジャー移籍の夢をかなえた。







    スア様ーーー😭 阪神 退団のスアレスが笑顔であいさつ「アリガトウゴザイマス」NPBアワーズ(デイリースポーツ)  https://news.yahoo.co.jp/articles/55ea08924c0df78bb3ebd026fb50655cacb1040b 


    続きを読む

    このページのトップヘ