とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    2連勝

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <阪神10-0中日>◇25日◇甲子園

     阪神が今季2度目の先発全員安打で10点を奪い連勝した。初回、2死満塁から6番糸原健斗内野手(29)の右前適時打で先制。2回表終了後、降雨のため25分の中断もあったが、小雨が降り続く中、打線は4回までに9点を奪った。投げては先発伊藤将司投手(26)が8回まで毎回の9安打を許しながら無失点で4勝目を挙げた。試合後の矢野燿大監督(53)の一問一答は以下の通り。

         ◇    ◇    ◇

     -先発全員安打で10得点。

     「いいつながりというか、そういう攻撃ができたと思います。天候も難しかったですし、1点、2点と入っていくとね、隙も出るかなというところが、心配していましたけど、そういうこともなくね、ずっといい攻撃ができたと思います」

     -中断もあったが、序盤で大量リード。この展開については

     「今日は、岩崎も、湯浅も休ませたいなと思っていたんでね。そういうところでは、打線がそういう試合をつくってくれて、有利な形で、また明日に臨むことに対してもいい形ができたので、そういうところは打線が頑張ってくれたかなと思います」

     -先発伊藤将の投球は

     「ここ最近ずっと、いい感じで投げてくれていますし。いつも丁寧に何とか低く、まあ時には大胆にっていうような投球を、梅野としっかりやってくれたなと思います」

     -毎回安打は許したがよかった点は

     「真っすぐが(よかった)。相手は逃げるボール、右打者から逃げるボールが頭にあると思うんですけど、そういうのをしっかり裏をかきながら真っすぐで押せたところが大きいかなと思います」

     -9回は本人と話して代えたのか

     「いやいや、それはないですけど。十分仕事をやってくれていますし。次回もあるんで、8回でOKということで代えました」

     -今のチーム状態は

     「打線の状態も上がってきていますし、中継ぎ投手陣も今、結構豊富にいると思うんで。いろんな戦い方というのができる形になっていると思うんで。明日は柳投手といういい投手なんで、今日みたいに打線が何とかつないで、投手も明日は全員でいくつもりでやりたいと思います」

     -伊藤将は毎回安打を浴び、序盤は特に得点圏に走者を背負いながらも粘った

     「そうやね。序盤の粘りは大きかったね。あそこでやっぱり、ちょっと1点取られたりしたら嫌な流れになったりすると、全然違う流れになるようなゲームでもあったと思うんで。(3回無死二、三塁で)Aマルティネスの二直とかそういうのもあったにしても、よく粘り強く投げてくれた」

     -粘りも彼の投球の特長

     「いかに粘れるか、いかに根気強く投げるかっていうのは、別にプロに入ってからじゃなくて、ずっと将司がやってきたことが積み重なって、そういう投球が出来上がっていると思います。それは本人もどういう状況になっても粘り強く投げるっていうのは意識してくれていると思います」

     -25分の中断のあと、2回の攻撃では先頭の梅野が安打を放ち、うまく攻撃に入れた

     「まあそうやね。雨ってやっぱり喜ぶってことはあまりないので。やりにくいなあとか、なかなか集中もしにくいし、そういうところでは中断があった後も、そういうこともなく攻撃の方も、バッテリーもしっかりやってくれたっていうのは、チーム全体で戦うという意識をしっかり持って戦うというのと、どんな状況でもしっかりやるというので戦ってくれたかなと思う」

     -伊藤将は2犠打に2点適時打と打撃面でも貢献

     「打撃はもともといいものを持っているんで。犠打はちょっと前までは投手陣が決まっていなかったんで。そういうところもセ・リーグは大事になる。点を取ることもそうやけど、投球にも犠打を決める決めないは影響してくると思うので。いい犠打を決めてくれたかなと思います」

     -初回から3回まで2死から得点。満塁できっちり点を取れている

     「誰かが極端に調子が悪いとかが減ってきているんで。なんとかつないでいけば、次の中でなんとかできるとか、そういう線で攻撃できているのが表れているのかなと思います」




    矢野監督 ○伊藤9回引っ張るつもりは無かった ○明日は柳投手 いい相手なのでつないで点をとりたい


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <阪神-中日>◇25日◇甲子園

     阪神が今季2度目の先発全員安打で2連勝を飾った。中日先発福谷を打ち込み、4試合連続の2ケタ安打。6月2日西武戦以来の先発全員安打となった。

     序盤から不安定な福谷の投球につけ込んだ。1回は1盗塁2暴投から絡んだ1安打2四球で2死満塁として、6番糸原健斗内野手(29)の右前適時打で先制した。

     試合は2回表途中に降雨によるコンディション不良で25分間中断。直後の2回裏には適時失策で2点目を奪った後、なおも2死満塁で5番大山悠輔内野手(27)が左翼フェンス直撃の2点二塁打を決めた。

     打線の勢いは中盤以降も止まらない。

     4点リードの3回は1番中野拓夢内野手(25)が中前適時打。4回は4番佐藤輝明内野手(23)が左中間適時二塁打を決めると、7番小幡竜平内野手(21)は中犠飛を記録。さらに9番の伊藤将司投手(26)まで右前2点打を運び、この回一挙4得点を奪った。

     6回には7番小幡が同学年の中日根尾から左前適時打を放ち、先発全員安打を完成させて10点目をたたき出した。

     先発の伊藤将は大量援護にも守られ、毎回安打を浴びながら8回9安打無失点で自身3連勝となる今季4勝目。投打がガッチリかみ合い、虎が大勝した。







    @TigersDreamlink 2連勝とらほー!🐯 先発全員安打!久々の2桁得点!😍 糸原先制タイムリー!流石のコト起こし!😎 大山タイムリー2塁打!まだまだ好調!👍 小幡は同期の根尾からタイムリー!😊 先発のイトマサはHQS!雨の中毎回安打許すも崩れず、大量得点後もブレない投球!打撃も好調!💪 #hanshin #阪神タイガース pic.twitter.com/vnbeCd76C8


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    ◆東京五輪 野球 1次リーグ メキシコ4―7日本(31日・横浜)

     侍ジャパンが、逆転勝ちで1次リーグ1位通過を決めた。28日のドミニカ共和国戦(福島)でのサヨナラ勝ちに続いて2連勝。8月2日に決勝トーナメント初戦を迎え、米国と韓国の勝者と対戦する。

     立ち上がりは苦しんだ。先攻だった侍ジャパンは初回1死二塁と好機を作りながら、吉田正(オリックス)と鈴木誠(広島)が凡退。すると侍ジャパントップチームデビューとなった先発の森下(広島)が初回に先取点を奪われた。先頭のロドリゲスに安打を許すと暴投で無死二塁。エリサルデは左飛に打ち取ったが、3番のメネセスに中前適時打を浴びた。

     それでも2回以降は打線がつながった。1点を追う2回は、浅村(楽天)、菊池涼(広島)のヒットで2死一、二塁の好機を作ると、甲斐(ソフトバンク)の中前適時打で同点。3回には坂本(巨人)の二塁打などで1死一、三塁とし、浅村のボテボテの投ゴロの間に三塁走者の坂本が気迫のヘッドスライディングで生還してリードを奪った。

     さらに4回1死から村上(ヤクルト)、甲斐の連打で1死一、三塁の好機を作ると、山田(ヤクルト)が左翼へ3ラン。「追加点が欲しい場面でしっかりと集中して打席に入れました。ホームランという最高の結果を出せてよかったです」と納得顔。今大会侍ジャパン初アーチでリードを一気に4点に広げた。4回裏は連打で無死一、三塁のピンチを迎えたが、4番のA・ゴンザレスを2打席連続となる二塁併殺打に打ち取って、1失点でしのいだ。

     森下は5回68球を投げて5安打2失点で降板。6回からは2番手・伊藤(日本ハム)がマウンドに上がり、継投策に入った。6回は伊藤が3者凡退のパーフェクトリリーフ。すると、7回先頭の坂本が左翼席へソロ本塁打を放って追加点を奪って6―2とリードを広げた。

     伊藤は2回1安打無失点と好救援。8回表には山田が中前適時打を放ってリードを5点に広げ、8回裏は3番手・平良(西武)がマウンドに上がった。2死一塁からメネセスに2ランを浴びて3点差に迫られたが、最後は守護神・栗林(広島)が封じ、逃げ切った。




    東京オリンピック オープニングラウンド第2戦 試合終了 メキシコ 4 - 7 日本 山田、坂本の本塁打など7得点で勝利!グループ1位通過を決める!  https://japan-baseball.jp/jp/team/topteam/score/20210731_1/  @Japan_Olympic #がんばれニッポン #Tokyo2020 #Baseball pic.twitter.com/gYeyVGnsbI



    @samuraijapan_pr 森下が試合を作った 坂本は流石の一発 決勝リーグも頑張れ👏



    @samuraijapan_pr @Japan_Olympic ナイスゲーム👏🏻👏🏻👏🏻


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     女子硬式野球クラブチーム「阪神タイガースWomen」は24日、関メディベースボール学院中等部(ヤングリーグ所属)と練習試合を行い、5-4で勝利した。

     三回、三浦が先制適時二塁打を放ち、先発・植村は3回2安打無失点と好投。野原監督は「結成後、初戦、2戦目と勝利することができて良かったです」と連勝を喜んだ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/af07ba8f0770704f18da8966e9471f602a9525cc


    練習試合2試合目。関メディベースボール学院中等部(ヤングリーグ所属)に逆転勝利。先発植村3イニング無失点の好投! 関メディ 000 031 00 |4 001 100 3× |5 タイガースWomen #hanshin #阪神タイガースWomen #女子野球 pic.twitter.com/OpZU3ZOLvr


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    ◆JERAセ・リーグ 中日4―8阪神(18日・ナゴヤD)

     阪神・大山悠輔内野手(25)が2打席連続アーチでチームを連勝に導いた。

     2点ビハインドの6回無死満塁で中日・柳から20号のグランドスラムを左翼4階席に放り込むと、7階2死一塁でも藤嶋のフォークを左手一本で確実にミート。左中間席に2打席連続の21号2ランを打ち込んだ。

     「(1本目は)甘く来たボールをしっかり仕留めることができた。(2本目は)うまく拾うことができました。追加点の欲しい場面で打つことができて良かったです」。本塁打王のタイトル争いでも、トップの巨人・岡本に肩を並べた。

     梅野が右腹斜筋の筋挫傷で離脱する中、2番に入った陽川も初回に4号ソロを放つと、6回も中前安打でビッグイニングの口火を切った。首位・巨人とは9・5ゲーム差と離されているものの、攻撃陣に明るい兆しが出てきた。




    中日4 - 8阪神 [勝]馬場2勝1敗0S [ホームラン]陽川ソロ4号、大山満塁20号・ツーラン21号  http://score.hanshintigers.jp/game/score/table/table20200918.html  pic.twitter.com/VEplfCEcbo



    @TigersDreamlink 大山!・:*+.\(( °ω° ))/.:+ 岡本に並ぶ21号ホームランおめでとう! この調子で打点王も目指してや!



    @TigersDreamlink 🦍「みんなワイのホームラン忘れてないか……???」 pic.twitter.com/wkwHau7uDV


    続きを読む

    このページのトップヘ