1


阪神電鉄は1日、甲子園球場の南側に「甲子園プラス」を建設し、2022年3月上旬に開業すると発表した。これまで新たな商業施設と「甲子園歴史館」を一部移転・拡張して、リニューアルオープンする計画を進めていた。

「甲子園プラス」は歩行者デッキで接続された「阪神甲子園球場」と一体的に運営することで相乗効果を高め、365日にぎわいのある〝ボールパークエリア〟の形成、「スポーツ」をテーマにしたまちづくりに寄与できる施設となることを目指すとしている。

阪神不動産の担当者は「リニューアルオープンする『甲子園歴史館』に加えて、『野球・スポーツ振興の場』と『地域の憩い・子育て・学びの交流拠点』という本施設のコンセプトにマッチした店舗を誘致いたしました。365日にぎわいのある〝ボールパークエリア〟の形成に向けて、野球ファンの皆さまはもちろん、地域の方にも日常的に利用していただけるような、多くの方に愛される施設となるよう取り組んでいきます」とコメントした。




#甲子園歴史館リニューアル 進捗✨ 現在建設中の新施設名称が「甲子園プラス」に決定いたしました😊ボールパークエリアに新たな価値や体験をプラスするという意味が込められています🌈また、甲子園歴史館以外にも飲食店や野球用品専門店なども出店!!詳しくはこちら👉🏻  https://koshien-rekishikan.hanshin.co.jp/renewal/  pic.twitter.com/qW2zKRZPHP








続きを読む