1


 来日2年目の阪神・エドワーズとガンケルの両助っ人右腕は、28日のヤクルト戦(浦添)で実戦初登板することが決まった。同戦は新助っ人のチェンも登板予定で「助っ投デー」となる。

 ブルペンで一通りの球種を計44球を投げたガンケルは「万全のリズムで投げられたし、投げている感じが今までで一番良かった」と仕上がりの良さを強調。初実戦に向け「おそらく打者も積極的に来ると思うので、入りを大事にしたい」とイメージをふくらませた。

 エドワーズも投球後に矢野監督と談笑するなど、順調そのもの。メジャー仕込みのマイペース調整を続けて来たチェンを含め、態勢は整った。チーム合流が2月9日までずれ込んだスアレスは、出陣がもう少し先になりそうだ。




楽しみ!!!雨降らんでくれー! 阪神の両助っ人右腕が28日のヤクルト戦で実戦初登板 ガンケル、エドワーズともに調整順調 #SmartNews  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/02/26/kiji/20210226s00001173141000c.html 



阪神の両助っ人右腕が28日のヤクルト戦で実戦初登板  ガンケル、エドワーズともに調整順調 (スポニチアネックス) ホッとした。😉👌  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210226-00000057-spnannex-base 


続きを読む