1


 ◇セ・リーグ 阪神1-4中日(2022年8月28日 バンテリンD)

 阪神の矢野監督はプロ初先発で6回3失点と好投した森木を評価するとともに、援護できなかった打線を嘆いた。

 堂々たる投球で潜在能力を見せつけた右腕に「大したもんやね。俺もいろんなルーキー受けてきたけど、ストライク入らんピッチャーもたくさん受けてきたし。初登板で自分の投球するってムチャムチャ難しいと思うから。投げっぷりも抑え方も落ち着きながら、バッターに向かっていくっていうのはね、ホントに素晴らしいものを見せてもらった」と目を細めた。

 だからこそ、白星を付けてあげたかった。相手先発・柳の前に要所を締められ、打線は9回に1点を返すのがやっと。指揮官は「残念というか、なんかね。森木に引っ張られているようじゃ、やっぱり寂しい」と厳しい表情。森木については一度、出場選手登録を抹消することも明言した。




最近の矢野監督って勝った次の日は打順組み替えて、負けた日は打順をそのままにする傾向があるんだけど、なんで?



阪神打線のあの甲斐性のなさは"寂しい"どころの話じゃないと思いますが。#hanshin #tigers 阪神・矢野監督「素晴らしいもの見せてもらった」と森木称賛も打線は「やっぱり寂しい」 29日に抹消へ(スポニチアネックス) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/59c003b0d753bff4014f8299ae7abba059d797a9 


続きを読む