とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    3勝目ならず

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神-広島」(10日、甲子園球場)

     阪神先発の西勇輝投手が、105球を投じて6回7安打2失点で降板となった。

     初回は3人で料理して上々の立ち上がり。3番・西川、続く二回にマクブルーム、坂倉と好調のクリーンアップを3者連続三振に斬った。2死からは小園の放った打球を止めようと左足に当てたものの、方向が変わり二遊間を抜ける不運な形に。続く会沢に左前打を浴びて2死一、二塁とピンチを招いた。それでも、上本を右飛に仕留めて事なきを得た。

     三、四回を無安打に抑えて0-0のまま迎えた五回には、2死から投手・床田に左前打を許す。続く中村健にも左前打を浴びて2死一、二塁とされたが、菊池涼を中飛に打ち取った。

     だが、六回。先頭・西川に右前打を許すと、続くマクブルームにフルカウントから甘く入ったスライダーを完璧に捉えられて先制の左越え2ランを浴びた。

     直後の六回1死の打席で代打・陽川を送られて降板。その陽川は左前打を放ったが、得点には結びつかず、西勇は今季3勝目を逃した。




    西勇輝ムエンゴすぎて可哀想



    6回2失点 一応QSなんだけど西勇輝サン #阪神タイガース


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <ヤクルト2-2阪神>◇5日◇神宮

    阪神青柳晃洋投手が6回1失点と好投するも3勝目はならなかった。

    「相手打者を詰まらすことも多くできたと思います」と、持ち味のゴロアウトを量産。5回2死一、三塁から、山崎に一、二塁間を抜く適時打を許したが、続く山田は遊ゴロに打ち取り最少失点で切り抜けた。「次の登板では、ストライク先行で攻撃にリズムを持ってこられるようなピッチングができるように」。5試合連続クオリティースタート(6回以上、自責3以内)だが、ここ3戦は勝ち星ならず。次こそ白星をつかむ。




    わけほー🐯 序盤に2点先制するも追加点が取れず重い展開 終盤同点に追いつかれたけど逆転は許さず😰 青柳投手 6回1失点 勝ちはつかなかったけどナイスピッチングでした👏 途中交代の大山選手 心配です😟 #阪神タイガース



    雨柳さんの勝ちが消えてとても哀しい


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇セ・リーグ 阪神―DeNA(2020年8月2日 甲子園)

     阪神先発・岩貞が、5回82球1失点ながら降板となった。

     0―1で迎えた5回の攻撃。DeNA先発・平良から、この試合はじめて複数走者を出した場面で福留を代打に送られた(2死一、三塁)。福留は三邪飛に倒れて同点ならず。今季3勝目の権利を手にすることはできなかった。

     初回先頭の梶谷に初球を本塁打にされて以降は立ち直り、追加点を許さない好投を見せていた。




    この1発目が今週の岩貞何してんねんポイントだったわね…



    5回も、岩貞選手は四苦八苦してたんですね(´ヘ`;) どれだけ、己のコンディション調整出来てへんってのはタイガースとしては珍しくありまへんけどね👊


    続きを読む

    このページのトップヘ