とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    3安打3打点

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    大山


    <阪神9-2DeNA>◇9日◇横浜

    阪神の4番大山悠輔内野手が今季初の3安打3打点で打線を引っ張った。初回に1点を先制し、なおも1死三塁で中犠飛。「いい流れを切らさずに、最低限の仕事ができてよかった」とサラリ。6回の6点を奪ったビッグイニングでは2死一、二塁から、鋭く三塁線を破る2点適時二塁打を放った。「点は何点あってもいいのでしっかり走者をかえすという気持ちで打ちました。(藤浪)晋太郎を援護することができてよかったです」と、キャプテンらしく頼もしかった。

    8回にもこの日3本目の安打を放ち、今季初の猛打賞。開幕からなかなか調子が上がらず、前日8日まで2日連続で矢野監督から打撃指導を受けていた。開幕から自己最長の55打席ノーアーチが続いているが、今季最多の3打点と勝負強さを発揮。矢野監督も「悠輔も、これで吹っ切れると思うんでね」と一安心だ。

    大山に引っ張られるように3番マルテは3安打2打点、5番サンズも1安打1打点と、今季13試合目でクリーンアップそろい踏みで打点を稼いだ。大山は昨季横浜スタジアムでは打率3割6分6厘、3本塁打、12打点と得意としている。相性のいい球場で、このまま復調する。【石橋隆雄】 




    🐯近本 マルテ 大山 サンズ どんどんタイムリーで追加点👏👏👏👏👏



    マルテ、大山の連続タイムリーヒットでさらに追加点🐯


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神は22日のDeNA戦(甲子園)に6―3で快勝。カード勝ち越しを決め3位DeNAとのゲーム差を2・5に広げ貯金を今季最多タイの4とした。

     打のヒーローは糸井嘉男外野手だ。1点ビハインドの6回に第3打席で一死一、二塁から同点の左前適時打を放つと、続く8回の第4打席では一死二、三塁から右中間を深々と破る決勝の2点適時二塁打。3安打3打点をマークする活躍を見せた。

     7月と8月の月間打率はそれぞれ1割8分8厘と2割ジャスト。どん底の不調に苦しみ、「3番・右翼」の定位置も陽川ら若手野手に明け渡す時期が長く続いた。だが9月に入ると月間打率は優に3割をオーバー。打棒は確実に上向きつつある。

     試合後、報道陣に対し「(これまでは)数字も残せてなかったので。出られるところでチームに貢献したい。悔しい思いをし、自分自身を責める日もあった」と苦しみ抜いた心境を吐露。シーズンは残り40試合。「もう勝つしかないので」と力強く言い切った虎の超人に、完全復活の気配が漂い始めてきた。




    【矢野語録】(糸井)自分の背中押す試合になったかな (阪神Vデイリー)  https://news.line.me/issue/oa-vdaily/2grweuomrn1v?utm_source=Twitter&utm_medium=share&utm_campaign=none&share_id=Led00776950406  #linenews





    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


     (セ・リーグ、阪神10-2広島、10回戦、阪神5勝4敗1分、15日、京セラ)六甲おろしに合わせてメガホンを叩く音が京セラに何度も響き渡る。阪神・ボーアが3打席連続で快音を残し、虎党のボルテージを一気に上げた。

     「打ったのはスライダー。今日はバッティング練習からフォームを変えて練習していたけど、早速結果が出てよかったよ」

     まずは一回だ。サンズのタイムリーで先制し、なおも2死二塁で打席に立つと、大瀬良の外角にきたフォークを中前へはじき返した。6日の巨人戦(甲子園)以来8試合ぶりの打点を挙げた。

     さらに、2-1の三回2死一、二塁では、バットを折りながらも右前へ運び追加点。「糸井さんとジェリー(・サンズ)がいい働きをしてくれたから、かえすことができてよかった」と振り返った。さらに五回1死一、二塁ではゴロで一、二塁間を抜くタイムリー。5点目をもぎとった。

     実は、打撃フォームを修正していた。前日までと比べて、わずかだが膝を曲げてゆったりと構えた。余裕のある待ち方が奏功したのか、来日初の3打席連続適時打。猛打賞も7月15日のヤクルト戦(甲子園)以来、来日3度目だ。

     7月は打率・296、7本塁打、18打点と好調だったが、8月に入って下降した。試合前の時点で8月は打率・171、本塁打なしで打点は1。7月下旬に右臀部の張りで一時スタメン落ちして以来、なかなか状態が上向いてこなかったが、突然のお目覚めとなった。

     サンズが先制打で、7月28日のヤクルト戦(神宮)以来、今季6度目となる助っ人のアベック打点。この2人がそろって打点を挙げると、ここまで4勝1敗だ。

     打線がつながり、好投手・大瀬良を攻略。5点を奪って五回でマウンドから降ろした。これで借金「1」とし、完済までもう一歩。ボーアがバットで、チームを浮上させていく。(菊地峻太朗)




    バッティングフォームの修正が功を奏しました! 阪神・ボーアが打撃改造で3安打3打点「早速結果が出てよかったよ」 - SANSPO.COM  https://www.sanspo.com/baseball/news/20200815/tig20081521370015-n1.html  @sanspocomより



    よしよし😁 阪神・ボーアが打撃改造で3安打3打点「早速結果が出てよかったよ」  https://www.sanspo.com/baseball/news/20200815/tig20081521370015-n1.html  @sanspocomより


    続きを読む

    このページのトップヘ