サンズ


 「ヤクルト-阪神」(28日、神宮球場)

 阪神は初回、サンズが適時二塁打を放ち開幕から3戦連続で先制した。

 この回、1死から糸原が中前打で出塁。続くマルテは四球を選んで一、二塁と好機を拡大した。4番・大山は三邪飛に倒れて2死。ここで勝負強いサンズが打席を迎えた。奥川の初球、146キロ直球を強振。打球は左中間を破る適時二塁打となり先制点を奪った。

 なおも2死二、三塁のチャンス。ドラフト1位・佐藤輝(近大)が打席に立ったが、三邪飛に仕留められて追加点とはならなかった。




【一軍】阪神1-0ヤクルト 1回表 先制パンチ!さすがサンズ! 投手:奥川 打者:サンズ 結果:左中間先制タイムリーツーベースヒット! 【公式モバイルサイトで実況速報中!】  http://hanshintigers.jp  #hanshin #tigers #阪神タイガース #挑超頂



@hanshintigersjp 打ちすぎィ!!


続きを読む