とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるや5チャンネル、オープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    3打点

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    引用元: https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1664941405/


    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2022/10/05(水) 12:43:25.16 ID:iSPsHtxur
    ドラ1競合あるなこれ

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2022/10/05(水) 12:43:37.13 ID:iSPsHtxur
    しかもこれで捕手

    14: 名無しさん@\(^o^)/ 2022/10/05(水) 12:48:25.33 ID:Dh339m2Dp
    阪神ピンズドやから取れよ

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <巨人0-4阪神>◇19日◇東京ドーム

     阪神が同率4位対決の巨人に競り勝った。先発の西勇輝投手(31)と巨人先発の山崎伊織投手(23)のテンポのよい投手戦が繰り広げられた。

     7回にアクシデントから試合が動いた。先頭のメル・ロハス・ジュニア外野手(32)が左翼線への二塁打でチャンスをつくると、続く4番佐藤輝明内野手(23)に2球目の高めボールを投げた時にアクシデントがあり山崎伊が降板。1ボール1ストライクから緊急登板した左腕今村信貴投手(28)のフォークを中前へしぶとく落とし決勝打となる適時打を放った。「途中で投手が代わったので、しっかり落ち着いて集中することができた。いいところに落ちてよかった」とコメントした。

     続く8回にも佐藤輝は2死一、三塁から中堅フェンス直撃の2点適時三塁打を放った。さらに巨人のバッテリーミスで1点を追加した。

     投げては西勇が丁寧に低めに集める投球で巨人打線に的を絞らせず、9回を3安打に封じ完封、9勝目を挙げた。

     前日18日ヤクルト戦から中野拓夢内野手(26)、この日から大山悠輔内野手(27)が新型コロナウイルス陽性から復帰。メンバーがそろってきた阪神は8連敗後の2連勝となった。








    とらほー🐯 西勇ナイス完封⚾️ 大山おかえりー  https://twitter.com/tigersdreamlink/status/1560595673631768576 





    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <阪神11-0ヤクルト>◇19日◇甲子園

    阪神が16安打11得点で首位ヤクルトに大勝した。本拠地甲子園での胴上げを阻止し、逆転Vに望みをつないだ。投手陣も完封リレーを決め、投打で圧倒した。

    1回に近本が今季10号3ランを放って先制し、先発青柳が7回3安打無失点と好投した。島田もプロ初の猛打賞となる4安打の大暴れ。お立ち台に上がった島田は「昨日、大事な場面で(佐藤)輝の代打で、うまくバントを決められなかった。見返すチャンスだと自分で思った。やってやろうとしか思っていなかった。派手な打撃はできない。泥臭いヒットが持ち味」と話した。単独トップの13勝目を挙げた青柳も壇上で「負けていい試合は1試合もない。優勝するために絶対に勝たないといけない。(13勝は)シーズン前から目標で、監督にも『13勝する』と言っていた。やっと目標を達成できた」と声を張り上げた。




    とらほー! 島田海吏プロ初猛打賞おめでとう🎉 pic.twitter.com/dEQQ6dS6cN



    島田海吏選手 ブロ入り初の猛打賞⚾️おめでとう🎉 そして4安打3打点の大活躍😆 明日以降も期待してるよ‼️


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    中野



    はぁぁぁぁ。 中野さんの笑顔はダイヤモンドよりも輝いているわよ……




    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    大山



    【一軍】阪神7-3巨人 8回裏 悠輔のバットから大きな追加点!今日猛打賞でっせ! 投手:戸根 打者:大山 結果:センター前タイムリーヒット! 【公式モバイルサイトで実況速報中!】  http://hanshintigers.jp  #hanshin #tigers #阪神タイガース #挑超頂



    @hanshintigersjp 勝たんしか大山


    続きを読む

    このページのトップヘ