とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるや5チャンネル、オープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    4戦4勝

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「広島0-5阪神」(5日、マツダスタジアム)

     阪神の大竹耕太郎投手が7回無失点の好投でリーグ単独トップの4勝目をマークした。

     この日も緩急自在の投球が際立った。「先に2点をもらったので。余裕を持って投げられました」と初回に大山が先制2ランを放って援護点をくれた。その直後、連打を浴びて無死一、二塁のピンチを招いたが、後続を打ち取り、さらにけん制球で一塁走者の上本を誘い出し、三本間に菊池を挟んでタッチアウト。鮮やかに無失点で切り抜けると勢いに乗った。

     キレのあるストレートを軸に、緩いチェンジアップなど変化球を丁寧に低めに集めて広島打線に長打を許さず。七回までひょうひょうとゼロを積み重ねた。移籍後最長の7回を投げたが「9回行きたかったですね」とポツリ。「勝ち負けがつくつかないは野手のみなさんのおかげ。リードしている中で投げさせてもらえるのがありがたい」と語った。

     昨オフに現役ドラフトでソフトバンクから移籍し、開幕からここまで3戦3勝と抜群の成績を残してきた左腕。これでチームは3連勝、そして今季最多の貯金5。青柳、西勇らが調子を崩す中、村上とともに阪神投手陣の救世主として君臨している。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/6b75baf59d236c6673aa9fdf5fb6b8080a1f9d26


    現役ドラフト選手が虎の歴史塗り替えた!阪神・大竹、加入後無傷の4戦4勝で堂々ハーラー単独トップ― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2023/05/05/kiji/20230505s00001173612000c.html 



    @Sponichi_Tfoto 交流戦も今の大竹ならいける👍



    大竹が今日も好投しリーグ単独トップの4勝目となった‼️ 本当に本当に本当に大竹は阪神移籍後絶好調だ‼️😆😆😆😆😆 大竹は今年2桁勝利どころか投手タイトル獲得もいけると感じるよ‼️


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神5-3ヤクルト」(29日、甲子園球場)

     悪い流れを必ず変えてみせる。必死の思いで腕を振り、バットでも阪神猛攻の一員となった。青柳が7回5安打2失点で、早くも昨季に並ぶ7勝目。6月は4試合に登板して無傷の4連勝だ。

     月間MVPも見えてきた右腕は、お立ち台で「(雨男だが)晴れて良かった。連敗を絶対に止めるという気持ちでマウンドに上がりました」。3連敗を止め、チームの月間勝ち越しを決める快投に声を弾ませた。

     本来は打たせて取る投球が持ち味だが、この日は奪三振が際立った。初回は圧巻だった。塩見、青木はスライダー、山田には直球を決め球に投じ、3者連続空振り三振に仕留めた。ここからギアを上げ、自己最多の9奪三振を積み重ね、「梅野さんの組み立てで、三振が多かったかな」と正妻に感謝した。

     打撃では懸命に食らいつく姿があった。村上に先制ソロを打たれた直後の攻撃。二回2死一塁から田口の初球ツーシームを積極的に振り、左前打とした。

     「多分真っすぐで入ってくるだろうなと思ったので、初球からいってやろうと」

     この一打の後、近本から佐藤輝まで5者連続適時打が飛び出し、一挙5得点で逆転に成功。矢野監督も青柳の安打に、「諦めないというのは、チームで大事にしているところ。目の前のことを全力でやるのが青柳の良さ」と何度もうなずいた。

     投球についても指揮官は「本当に大きい。これからも引っ張っていってくれたら」と全幅の信頼を寄せる。防御率2・02はリーグ1位と安定感も抜群だ。

     「投げる試合は全部勝ちたい。連敗を止めるといっても、連敗していないのが一番いい状況なので」と語気を強めた青柳。猛追してくる2位・巨人を突き放すには、自力で連勝するしかない。先発陣の中心として回り、勝利につながる快投を続けていく。




    6月度月間MVPは青柳とオースティンかな?



    青柳さんなんかドラフト5位で入団した時はコントロールは晋太郎より悪いわ、フィールディング下手、バント下手、クイックできません…と弱点だらけだったのに今やリーグトップの防御率で五輪代表に選ばれる選手だもんなぁ。しかも今じゃ天気も操れるし。月間MVPいけそう。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


    阪神が大逆転のクライマックスシリーズ進出に向けて、4戦4勝を狙う。23日は甲子園で指名練習を実施。明日なき戦いに、矢野燿大監督(50)は腹をくくっている。

    24日は甲子園で今季最後の巨人戦。年間で9勝15敗と煮え湯を飲まされた相手に一矢報いたい。矢野監督は「最後じゃなくても勝ちたい。いつでも勝ちたい。今年は特にやられている。甲子園での戦い。ウチは勝つしかない」と意地を見せるつもりだ。

    CS進出の可能性は消えていない。この日、3位広島が中日にサヨナラ勝ち。阪神は4位に浮上したが、残された道は4戦全勝だけ。指揮官の口調は熱を帯びた。「ゼロで抑えれば投手やバッテリーにとっては大変なことだけど負けることはない。1点でも少なく、どう抑えていくかはウチにとっては必要なこと。ある意味でウチの強み」。守って、しのいで、抑えきる。超攻撃的な継投で挑む構えだ。

    攻めの采配は前日22日のDeNA戦でも顕著だった。4回2死一塁で柴田を打席に迎えると、無失点の先発望月から能見にスイッチ。意地でも先制を許さない、強い意志が表れていた。12球団トップの救援防御率3・54を誇るリリーフ陣に命運を託す。

    22日から先発要員のガルシアも中継ぎへ。1回無失点で白星をつかんだ。指揮官は「そんなにやっていないから簡単なポジションじゃない。なるべく先発のような形で投げさせるようなところで投げさせた方がいい」と説明。ブルペン担当の金村投手コーチも「ガルシアは基本はロング(リリーフ)で行けるようにしている。イニングの頭からが絶対条件」と明かす。

    今後も非常事態に備えた勝負手で、他の先発陣の救援待機も検討する。矢野監督は「失点を少なくするのが勝つために一番必要なこと」と力を込めた。24日に巨人に負ければCSも完全消滅する。胸突き八丁の戦いで前だけを見る。【酒井俊作】





    矢野の選手も、CS進出できひんかったら全員辞めるぐらいの覚悟でやれっ!! #阪神タイガース 矢野監督「強み」CSへ超攻撃的継投で4戦全勝狙う  https://www.nikkansports.com/baseball/news/201909230000668.html?utm_source=twitter%26utm_medium=social%26utm_campaign=nikkansports_ogp 



    矢野監督「強み」CSへ超攻撃的継投で4戦全勝狙う  https://www.nikkansports.com/baseball/news/201909230000668.html?utm_source=twitter%26utm_medium=social%26utm_campaign=nikkansports_ogp  どっかで聞いたことあるなそれ


    続きを読む

    このページのトップヘ