とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    4敗目

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神0-3DeNA」(25日、甲子園球場)

     プロ通算100勝に王手をかける阪神の先発・西勇が、8回7安打3失点(自責点1)でマウンドを降りた。その後も味方打線の反撃がなく、4敗目を喫した。

     初回2死三塁からオースティンに右翼席へ先制2ランを献上。二回以降は持ち味のテンポの良い投球でリズムを取り戻したが、六回に再びオースティンに右前適時打を浴びた。

     また、この日のマウンドで224試合連続先発登板となり、NPB歴代5位タイに浮上。打線の援護に恵まれず、100勝目は次戦に持ち越しとなった。




    今季4度目の完封負け〜😭 西勇輝投手の100勝目はお預けです。この壁を超えればスイスイいけるのかな〜。次回頑張って❗ #阪神タイガース



    まけほなりましたか うちもチャンネル争い負けたし 西さんの内容悪くなかっただけに 悔しい負けやったけど うちが参戦したときに 100勝セレモニーしてくれるんやな と脳内切り替えてチケット頑張ろう


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    ◇19日 阪神―巨人(甲子園)

     先発した阪神ドラフト2位ルーキー、伊藤将司投手(25)は7イニングを投げて6安打3失点で降板し、5勝目を挙げることはできなかった。

     相手はプロ初勝利を挙げた巨人。4回、大城に右中間へ勝ち越しソロを許し、6回は坂本に通算250号となる左越えへの記念アーチを浴びた。初の1試合2被本塁打で、6試合連続の被本塁打となった。

     「ボール自体は悪くなかったと思います。ただ、大城さん、坂本さんに打たれてしまったホームランはどちらも2アウトからだったので、もったいなかったですし、悔やまれる1球となってしまいました。今までも2アウトからホームランを打たれてしまうことがあったので、しっかり反省して、次回の登板ではそういったことがないように投げていきたいと思います」

     20日の「父の日」にはお酒とともに自らの白星をプレゼントしようとも語っていたルーキーだが、その親孝行は果たせなかった。




    伊藤将司調子悪くても粘れるし良くても割と簡単に飛翔するから波が激しくないよね 今日はまあ打たれちゃいけないところで打たれたしバント失敗したけど7回3失点だからね ゲームメイク力はぱないよ



    伊藤もなんか当たり前のように7回3失点くらいでまとめるからルーキー感がないな


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <中日4-2阪神>◇13日◇ナゴヤドーム

    阪神高橋遥人投手が自己最短タイの4回5安打3失点で降板し、4敗目を喫した。

    2点先制した直後の1回裏、先頭大島から連打を浴び、この回に同点に追いつかれた。3回は先頭の京田に四球を出すと、アルモンテの適時二塁打で勝ち越し点を献上。「先制点を取ってもらったにもかかわらず、粘ることができず、早いイニングで降板してしまいチームに申し訳ないです」。前回5日はプロ初完投勝利を挙げたが、この日は130キロ前半の直球もあり、本調子にはほど遠い様子だった。

    矢野監督も「アウトの取り方を見ても結構大きなフライとか、ピッチング内容も苦しかった」と話した。




    10月13日 中日 4 - 2 阪神 阪 | 2 0 0 | 0 0 0 | 0 0 0 || 2 中 | 2 0 1 | 0 1 0 | 0 0 X || 4 勝: 勝野(4勝4敗) 敗: 高橋(4勝4敗) S: R・マルティネス(19S) HR: 大山(26)



    今日は負けはしたけど大山の26号ホームランや藤浪の161キロなど良いところはあった ただ遥人が誤算やったな 今回たまたま調子が悪かっただけなら別にいいんやけど、前回完投した影響でどこか故障したんじゃないかと勘繰ってしまう


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2
    <阪神2-10広島>◇17日◇甲子園

    阪神西勇輝投手(28)がプロ入り初めて広島戦で敗れた。8回6安打3失点で今季4敗目。6回に打線が2-1と逆転したが、8回1死走者なしから四球と3連打で再逆転を許した。試合前で広島には5試合で3勝0敗、同じく甲子園では抜群の防御率1・54。そんな西の好データは生きず、救援陣も打ち込まれる大敗。直前の巨人戦連勝がかすみ、3位タイに後退。今季甲子園で8勝11敗と虎がもがいている。

      ◇    ◇    ◇

    西が広島を相手に陥落した。まさかのシーンは8回だった。1点リードで1死から代打松山に四球。そこから野間、菊池涼、バティスタに3連打を浴びて逆転された。結果は8回6安打3失点で今季4敗目。「客観視したらゲームを作れたみたいになるんですけど、最後の場面で…。任された中で結果を出すのが一番よかったんですけど。自分自身、全力でやった結果だったので、切り替えて次の試合に臨みたい」と語った。

    不運も重なった。8回1死一塁。野間への強い打球を打たれたが、一塁正面。打ち取った…かと思ったが、一塁マルテが捕球できず。マルテのミットからこぼれたボールを、慌てて全力ダッシュで西が拾うもオールセーフ。リズムに乗れなかった。

    「自分の中で(8回を)投げきりたかった。長打というよりも単打、単打だったので。(松山への四球は)勝負した結果だった。しっかりコースを突いた結果でした。攻めた中での四球。あそこで一番ダメだったのは本塁打だったので」

    さらに試合中にはマウンドの土が気になり、左足の着地点を確認。何度も踏み出す足を気にするそぶりを見せていた。カード頭を任されたマウンドとあり、チームを白星に導きたかったが、うまくかみ合わなかった。試合後、矢野監督は「西らしいピッチングをしてくれていた。う~ん。一番苦しいところで悔しいし、勝ちたいけど、勝負している中で仕方ない部分もある」と思いやった。

    過去広島戦には5試合投げて3勝無敗だった。4月7日には敵地マツダスタジアムで完封勝利を挙げていた。好相性をキープしたかったが、同率2位で並んで迎えた一戦で、黒星を喫した。「本当はカード頭を取りたかったんですけど…」と、悔しさは募る。その思いを晴らす舞台は、まだ十分にある。【真柴健】

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190517-05171257-nksports-base



    西4敗目でもう勝運がね



    :(ヽ'ω‘): 何でこうなった…… --- 広島10得点快勝、今季最多の貯金4 阪神西4敗目  http://mixi.at/a8lByBE 


    続きを読む

    このページのトップヘ