とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    4連勝

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「楽天2-3阪神」(11日、楽天生命パーク宮城)

     阪神が逆転勝ちで4連勝。楽天との首位対決を制した。貯金は今季最多を更新し、2008年以来、13年ぶりの「18」とした。

     先発・青柳は8回を投げ、5安打2失点で5勝目を挙げた。

     初回、1軍復帰即スタメン出場した糸原の失策からピンチを背負い、島内の適時三塁打で先制点献上。二回は茂木にソロを浴びた。

     いきなり2失点となったが、その後は我慢強く投げた。ツーシーム、カットボール、スライダー、シンカーなどを交えて、イヌワシ打線をほんろうした。

     打線は2点を追う五回、四球で出塁したドラフト1位佐藤輝の二盗が悪送球を誘い、糸井の二塁への適時内野安打で1点を返した。糸井は「輝の走塁に燃えました。どんな形でも1点取ることができて良かったです」と気合が入っていた。

     五回は近本の左翼線二塁打から1死三塁の好機を作り、マルテの12号逆転2ランが飛び出した。仙台で「ラパンパラ」を披露し「甘くきたところを一発で仕留めることができたね。みんなでつないでくれたチャンスだったからかえすことができて良かったよ」と満足そうに振り返った。




    楽天 2 - 3 阪神 [勝] 青柳5勝2敗0S [S] スアレス1勝0敗20S [ホームラン] マルテ ツーラン12号  http://score.hanshintigers.jp/game/score/table/table20210611.html  pic.twitter.com/hIWX1pkyqU






    @TigersDreamlink 青柳神!!


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「巨人1-2阪神」(14日、東京ドーム)

     阪神が3試合連続の逆転勝利。引き分けを挟んで今季4度目の4連勝を飾った。貯金は今季最多の16、2位・巨人とのゲーム差は4・5と開いた。

     1点を先制された直後の四回1死。マルテが畠の150キロ直球を完璧に打ち砕き、右中間席に突き刺した。4日・ヤクルト戦(神宮)以来、7試合ぶりの8号同点ソロ。得意の“ラパンパラポーズ”で喜びを爆発させた。

     その後も2死一、三塁とチャンスが続いて得点圏打率5割超の梅野が決勝の中前適時打。フルカウントから内角直球に詰まったが、執念ではじき返した。

     先発の青柳は7回5安打1失点で3勝目を挙げた。三回、岡本和に先制の左犠飛を浴びたが、攻撃陣の援護に奮起して四回以降は無失点投球。前回対戦時は6回9安打3失点で今季初黒星を喫したが、リベンジの“G斬り”で雪辱を果たした。

     15日・巨人戦は通算2000試合目となる伝統の一戦。勢いそのままに、節目の一戦でも勝利をつかみ取る。




    巨人1 - 2阪神 [勝]青柳3勝2敗0S [S]スアレス1勝0敗11S [ホームラン]マルテ ソロ8号  http://score.hanshintigers.jp/game/score/table/table20210514.html  #阪神タイガース #挑超頂 pic.twitter.com/N7EoH4ip04






    @TigersDreamlink ほんと神


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    ◆JERAセ・リーグ 阪神6―0広島(14日・甲子園)

     阪神が投打の歯車がかみ合った会心の内容で今季2度目の4連勝を飾った。

     2回に2死一、二塁からドラフト6位ルーキーの中野が右前適時打。開幕から16イニング無失点の森下から待望の先制点を奪った。

     さらに4回には無死一塁から佐藤輝が甲子園1号となる4号2ランを右中間席に放り込んだ。5回にもマルテが2号2ランを放つと、佐藤輝が7回にも2死一、二塁でケムナから中前適時打。プロ入り後、最多となる3打点を挙げた。チームは昨季から4連敗中だった森下に初めて土をつけた。

     投げては先発の西勇が8回を4安打無失点の快投で2勝目をマーク。9回は小林が抑え、チームとしても今季3度目の完封勝利となった。




    阪神6 - 0広島 [勝]西勇2勝1敗0S [ホームラン]佐藤輝ツーラン4号、マルテ ツーラン2号  http://score.hanshintigers.jp/game/score/table/table20210414.html  #阪神タイガース #挑超頂 pic.twitter.com/bAjNANApFQ



    @TigersDreamlink このまま突っ走れ〜🐯 優勝やぁ〜😂💥



    @TigersDreamlink あかん優勝してまう


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇セ・リーグ 阪神9―1中日(2020年10月28日 甲子園)

     阪神は今季初めてブルペンデーを実施。藤浪が9月13日広島戦以来の先発で4回2安打1失点(自責0)と好投した。初回は味方の失策も絡み2死満塁から福田に押し出し四球を与えたが、その後は得点を許さず、役目を果たした。

     打線は0―1の2回に無死一、三塁のチャンスから木浪が左前適時打を放ち、同点に追いついた。同点の5回は近本が右前打。1死からマルテが左越え適時打を放ち、勝ち越しに成功。7回にも2点を追加すると、8回には近本が4安打目となる右前2点打など、4点を奪って突き放した。

     9―1の2死無走者からは今季限りで現役引退を表明している藤川が登板。シエラを一邪飛に抑えて試合を締めた。4連勝で10月2日以来、今季最多タイの貯金4とし、中日戦は3年ぶりの勝ち越しを決めた。







    @TigersDreamlink 藤浪1失点のみ!! 近本4安打!! マルテ打ってくれればええんやで👍 大山3打点!猛打賞! ピッチャーみんなで繋いで最後は球児!! ホームランは岡本に越され村上、丸も来てるけど焦りすぎず頑張ってくれ!! pic.twitter.com/e1dgYIYvaC


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    yokawa


     「阪神7-6広島」(13日、甲子園球場)

     阪神が接戦を制して4連勝を飾った。

     同点の八回。途中出場の陽川が決勝点となる3号ソロを放ち勝ち越した。投げては守護神・スアレスが1回1/3を無失点に抑えて2勝目をマーク。広島は3連敗となった。

     何度も振り出しに戻った試合。3点を追う初回、糸原とボーアの適時打で1点差とした。さらに1点ビハインドの三回にも、糸原、ボーアに2打席連続となる適時打が生まれ、逆転に成功。試合をひっくり返した。

     1点を追う六回には“キナチカ”で再び同点に追いついた。

     先頭の木浪がケムナから左翼フェンス直撃の三塁打で出塁。1死三塁で近本は、ボテボテの三ゴロだったが、その間に三走・木浪が同点の本塁に生還した。

     6-6の七回は、四球と安打で1死二、三塁の好機を作った。

     先発の藤浪は3回を1/3を投げて5安打5失点。2017年4月27日・DeNA戦以来、1235日ぶりの甲子園白星はまたしてもお預けとなった。

     「初回につまずいてしまい、その後はなんとか粘りたいと思い投げていましたが、野手の方が逆転してくれた中で、早い回で降板してしまい申し訳ないです」

     初回、鈴木誠に先制3ランを被弾。二回、三回は無失点に抑えたが、2点リードの四回1死満塁のピンチを背負ったところで、無念の降板となった。

     15日からは敵地の東京ドームで首位・巨人との3連戦。切り替え、宿敵撃破に臨む。




    期待に応える!陽川、会心の一撃! #hanshin #虎テレ #阪神タイガース https://t.co/th1XC4ahQs


    続きを読む

    このページのトップヘ