とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    4連敗

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <DeNA7-5阪神>◇21日◇横浜スタジアム

    阪神は痛恨の逆転負けを食らい、4連敗で今季敵地12戦12敗となった。

    横浜スタジアムでの対DeNA同一カード3連戦3連敗は横浜時代の07年9月24~26日以来、15年ぶりの屈辱。かつて「横浜銀行」の例えもあった好相性の横浜で勝てず、セ・リーグの借金を全て抱える借金16となった。今季は3勝19敗1分けとなり、勝率は1割3分6厘に落ちた。

    近本光司外野手(27)を7試合ぶりの1番起用。2番には熊谷敬宥内野手(26)を20年10月23日巨人戦以来545日ぶりとなるスタメンで送り出した。佐藤輝明内野手(23)はプロ初の「3番・右翼」で先発。序盤は打順を大幅に組み替えた打線が奮闘した。

    両チーム無得点で迎えた3回表、先頭の9番斎藤友貴哉投手(27)が右中間二塁打で出塁。1番近本が右前打でつなぎ、2番熊谷の右犠飛でチーム20イニングぶりの得点をあげた。

    2点ビハインドを背負った4回表は今季2度目のスタメン出場となった山本泰寛内野手(28)の左前打などから1死満塁とすると、代打小野寺暖外野手(24)が今季1号逆転満塁弾を左翼席中段にたたき込んだ。

    小野寺は今季7打席目で初安打。阪神の逆転満塁本塁打は21年5月2日広島戦の佐藤輝以来、代打満塁アーチは20年8月6日巨人戦の中谷以来となった。

    2年ぶりプロ2度目の先発マウンドに上がった斎藤は3回3失点。何より、小野寺の満塁弾が飛び出した直後から登板した2番手の馬場皐輔投手(26)の大炎上が誤算だった。4回に1失点した後、1点リードの5回には5安打を集中されて3失点で逆転された。

    試合はDeNAが2点をリードした6回裏無死一、二塁の場面で雨天中断。このままコールドゲームとなった。球団最速となる23試合目での借金16。首位巨人とのゲーム差は12・5に広がった。最短で29日に自力優勝の可能性が消滅する。







    なんで投手がいい日と打者がいい日が同時に来ないの  https://twitter.com/TigersDreamlink/status/1517116470148624384 



    小野寺の満塁弾まではよかった。 これで4連敗。 暗黒時代より弱くなるとは思わなかったわ…  https://twitter.com/tigersdreamlink/status/1517116470148624384 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    8


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/07/03(金) 01:23:06.76 ID:joLdA07L0
    阪神 ●●●〇●●●〇●●●●

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/07/03(金) 01:23:47.35 ID:7dwTGHUc0
    阪神関係あった

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1593706986/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2

     「中日4-2阪神」(15日、ナゴヤドーム)

     阪神が痛恨の逆転負けで、今季5度目の4連敗。八回、2死からジョンソンが連打で決勝点を失い、登板2連敗で2敗目を喫した。

     後半戦開幕。試合は序盤から投手戦になった。初回・先発のガルシアがビシエドに先制の適時打二塁打を浴びた。だが、三回、陽川の2号ソロで同点に追い付くと、六回には2死二塁から、糸井の中前適時打で勝ち越しに成功した。

     糸井はこれで球宴前から7試合連続安打。6月、打率・354で月刊MVPを獲得した超人は、7月に入ってもこの試合前まで同・351と好調を維持。連敗を止め、後半戦のスタートダッシュを図りたい一線で、主砲がきっちりと仕事を果たした。

     それでも直後、ガルシアがアルモンテに3号同点ソロを浴びた。さらに八回には3番手のジョンソンが、2死後に大島に左前打を許すと、続くアルモンテに初球154キロの直球をはじき返され、右中間を破る適時二塁打で勝ち越しを許した。さらにビシエドにも左中間を破られ、この回2点を失った。

     ジョンソンは9日の巨人戦(甲子園)で同点の八回に1点を失い、来日初黒星を喫していた。ジョンソンの2試合連続失点および、1試合2失点はいずれも来日初。

     一方、打線は5番に定着したマルテが四回、二塁にスライディングした際に左足付近を痛めたとみられ、五回の守備から途中交代。病院に向かった様子はないが、今後に向けて不安を残す形になった。

     今季13度目の逆転負け。開幕から安定感を誇ってきた中継ぎ陣にも疲労が見え始めた。16日の第2戦は岩田が先発する予定。中日の先発は松坂。ベテランの快投で、まずは連敗を止めたい。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190715-00000148-dal-base



    【一軍】公式戦【阪神2-4中日】 助っ人コンビにやられたわ。明日こそ猛虎打線が奮起して、連敗ストップしてや!  http://hanshintigers.jp/  #hanshin #tigers #阪神タイガース #ぶち破れオレがヤル



    @hanshintigersjp 大山と掛けましてサマージャンボと解きます。 その心は 当たらないでしょう



    @hanshintigersjp 中日に弱すぎるわ 特に糸原。 1割前半やん... 陽川も近本も糸井もようやっとるけどね...



    @hanshintigersjp 片岡篤史解説時の勝率 2月23日 対ヤクルト ● 3月30日 対ヤクルト ○ 4月6日 対広島 ● 4月16日 対ヤクルト ● 4月19日 対巨人 ● 4月24日 対横浜 ○ 6月5日 対ロッテ ● 6月8日 対日ハム ● 6月14日 対オリ ● 7月15日 対中日 ● new


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2

     「交流戦、阪神3-5楽天」(18日、倉敷マスカットスタジアム)

     阪神が痛恨の逆転負けで、引き分けを挟んで今季3度目の4連敗。凱旋登板となった守屋が同点の八回、2点を失って今季初黒星を喫した。

     試合は初回、2死一塁から大山、マルテの連打で1点を先制した。二回、遊撃・北條の送球ミスで同点に追い付かれたが、三回に近本の右越え6号ソロで勝ち越しに成功した。実に4試合、23打席ぶりの安打が本塁打になった。

     カウント2-2から左腕・塩見が投じた8球目。内角寄り119キロのスライダーをコンパクトなスイングで捉えた。鋭い打球は失速することなく一直線に右翼席へ到達。5月26日のDeNA戦以来となるアーチで、一時勝ち越しの一発となった。

     「先頭だったので、自分の仕事をしようと意識して打席に入りました。ここのところ打つことができていなかったので、何とかヒットでチームに勢いを付けたいと思っていましたが、最高の結果になりました」

     この試合前まで最近10試合で打率・067と苦戦していたルーキー。「見つめ直してやっていきたい。相手に合わせて考えながらやっていければいいと思う」と必死に模索していたが、ようやく復調へのきっかけとなる一発を放った。

     それでも続く四回、メッセンジャーがウィーラーに節目の100号2ランを浴びて逆転された。続く裏の攻撃で、塩見の暴投の間に同点に追い付いたが、同点で迎えた八回だった。倉敷市出身の守屋が凱旋登板。温かい拍手でマウンドに上がったが、浅村、ブラッシュに連打を浴びると、1死二、三塁からウィーラーの右犠飛で勝ち越しを許した。

     さらに2死三塁から、代わった島本が辰己に左前適時打を浴びると、続く山下に頭部死球を与えて危険球退場。守屋は29試合目の登板で、今季初黒星となった。逆転負けは今季7度目。4連敗中3度の逆転負けと、接戦に競り負ける形が続いている。

     19日は甲子園に場所を移し、チームトップの5勝を挙げる青柳が先発する。4位・DeNAとはまだ3ゲーム差あるが、早めに連敗を止めておきたい。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190618-00000617-san-bus_all



    阪神 3 - 5 楽天 [負] 守屋2勝1敗0S [ホームラン] 近本 ソロ6号  http://score.hanshintigers.jp/game/score/table/table20190618.html  pic.twitter.com/VJeA9hE3rk






    @TigersDreamlink 北條選手、もう7年目なんだから、少しは守備向上させてや。呆れて言葉がでないです。



    @TigersDreamlink 倉敷遠足お疲れさんでした〜


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2

     ◇プロ野球 阪神2―10中日(2019年4月13日 甲子園)

     阪神が本拠地・甲子園で屈辱の4連敗を喫した。先発の岩貞が満塁本塁打を浴びるなど5回6失点と試合を作れず。4番手として8回に登板した岩崎も満塁本塁打を被弾。ここ5試合で34失点と、投手陣が崩壊した。

     課題の打線はこの日も1桁安打2得点に終わった。2回2死一、三塁からの木浪の中前適時打と、6回先頭から近本が放った2号ソロの2点のみ。新人だけが光った。

     試合後の矢野監督は、先発の岩貞について言及。「あれだけのイニングであれだけのヒットを打たれるんやから。(原因は球が)高いというだけではないと思う。そこだけじゃない」と分析。次回登板については「考えます」と話していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190413-00000211-spnannex-base

    続きを読む

    このページのトップヘ