佐藤


◆JERAセ・リーグ 阪神―ヤクルト(29日・甲子園)

 阪神・佐藤輝明内野手が5試合ぶりの打点となる適時打で2回の猛攻を締めくくった。

 1点を先制された直後の2回。2死から梅野が右前打で塁に出ると、青柳が左前打で続き、近本が右前へ同点適時打。糸原、マルテ、サンズ、佐藤輝も全員タイムリーでつなぎ、左腕・田口から単打のみの7連打で一挙5点を奪った。

 この日は故・野村克也監督の追悼試合。天国の野村さんも喜ぶであろう痛快な逆転劇だった。




佐藤輝はライト前へ!ついに7連打!5者連続タイムリー! #hanshin #虎テレ #阪神タイガース #挑超頂 https://t.co/Fxha0cmuUh






@TigersDreamlink 久しぶりにつながる打線みたよ😄


続きを読む