1


 阪神の俊介外野手(33)が27日、兵庫・西宮市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、今季年俸3200万円から、50%減の1600万円でサインした(金額は推定)。減額制限(1億円以下は25%)を大きく超えるダウン提示に「やり返すというか、はい上がるしかない」と前を向いた。今季は開幕から2軍スタート。なかなか機会なく9月1日の初昇格。9試合に出場したが、8打数1安打と目立った成績を残すことができず、最降格となった。

 昨季の出場6試合に続き、2年連続で悔しい結果に「もう年齢も年齢だし、ベテランの域に入る。球団の方には力を合わせて頑張っていこうといっていただいた」と決意を新たにする。

 来季は近大の後輩で、ドラフト1位の佐藤輝明内野手(21)が加入する。外野を守る可能性もあり、ライバルとなるが「負けないように頑張っていきたい。他に選手もいっぱいいるので、負けないように」と気を引き締める。野手では糸井に次ぐ年長者で、生え抜き野手では最年長。サバイバルレースを勝ち抜き、来シーズンは存在感を見せたい。




阪神がコロナ禍で厳冬更改 桑原47%減、俊介50%減 減額制限超え大幅ダウン(デイリースポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201127-00000121-dal-base  伊藤和のアップ査定の、どこが厳冬なんだw



近畿大学の佐藤輝明選手がドラフト1位で入団で近畿大学に忖度してクビがつながった俊介選手。 阪神がコロナ禍で厳冬更改 桑原47%減、俊介50%減 減額制限超え大幅ダウン(デイリースポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201127-00000121-dal-base 


続きを読む