2


 「阪神4-3DeNA」(11日、甲子園球場)

 阪神は救援陣が勝利の立役者となった。

 先発秋山からバトンを受けたのは桑原。1点リードの六回1死から2番手で登板し、ソトとオースティンを抑えた。好救援で2019年4月17日ヤクルト戦(神宮)以来、543日ぶりホールドを記録。矢野監督は「一番緊張する場面でね。桑原もすごいあの2つのアウトは緊張するし、価値のある2つのアウト」と称賛した。

 さらに、エドワーズが1回を3人でピシャリと抑えた。1点リードの七回に登板。先頭・佐野は投ゴロ。宮崎、ロペスは2者連続の遊ゴロに打ち取った。前日11日は1失点していたが、この日は強力打線を封じ込めた。

 八回は藤浪が最速160キロの直球を軸に三者凡退。九回はスアレスが抑え、20セーブとした。




桑原今季初ホールドか



[今日の阪神投手陣] 秋山拓巳 (MAX 142km/h) ↓ 桑原謙太朗 (MAX 149km/h) ↓ エドワーズ (MAX 153km/h) ↓ 藤浪晋太郎 (MAX 160km/h) ↓ スアレス (MAX 161km/h) 試合中に球速インフレが止まらない阪神投手陣さん


続きを読む