とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    6回途中1失点

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「ウエスタン、広島-阪神」(29日、由宇球場)

     阪神の先発・西純矢投手は5回2/3を投げ、6安打1失点で8奪三振5四球だった。

     初回は無死一、二塁のピンチを招く。それでも、堂林を一直。クロンはフォークで空振り三振に斬った。最後は木下を直球で押し込み遊飛。ピンチを切り抜けた。二回はわずか8球で三者凡退。三回は2死一、二塁のピンチを招いたが、クロンを3球三振に仕留めた。

     四回は先頭・木下に二塁打を浴びたが、後続を抑えて無失点。ただ、2点リードの五回に1死から四球で走者を出すと、2番・大盛に適時三塁打を許した。ただ、1死三塁と一打同点のピンチでは堂林をスライダーで空振り三振。クロンには四球を与えたが、木下もスライダーで空振り三振に抑えた。

     六回は2つの三振は奪ったが、2死満塁としたところで球数が115球となり降板。西純が作ったピンチは2番手・石井将が大盛を一ゴロに仕留めた。

     この日の登板に向けて、フォームを修正してきた。これまでは前田健太(ツインズ)を参考に、グラブを左太ももに当てていたが、その動きは封印。「誰かのコピーじゃ限界があると思う。自分のフォームをしっかり作ろうと思ってます」という言葉通り、自らのオリジナルフォームを追い求めている。




    西純矢もう少しコントロールが良くなれば一軍クラスの打者を圧倒出来るし改善策と言えばコントロールって感じカット・スライダーは間違いなくストレートとバランスが上手く噛み合えば通用する



    お、西純矢投手、11人ランナーを出したけど、1失点でしのいだね


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1 (2)


     「阪神-オリックス」(2日、甲子園球場)

     阪神の先発・秋山は5回2/3を8安打1失点と好投した。2-0の六回2死二塁から紅林に左前適時打を浴び、1点差とされたところで降板となった。

     2番手・岩貞は代打T-岡田に四球を与えたが、1番福田を遊ゴロに打ち取り、ピンチをしのいだ。

     秋山は初回、2死満塁のピンチを北條の好守で断つと、1-0の五回は1死一、二塁で3番吉田正を空振り三振。杉本は右飛に打ち取るなど粘投した。

     試合前まで甲子園では5試合で3勝1敗、防御率1・53。得意とする本拠地のマウンドで持ち味を発揮した。




    秋山投手が粘りました。6回途中1失点でマウンドを降りました。オリックス吉田正尚選手が1試合2三振は今季初のことでした😲 #秋山拓巳 #阪神タイガース #甲子園 #関西ダービー #吉田正尚 阪神秋山拓巳 「三振しない男」吉田正尚から2三振奪う  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202106020000829.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 



    秋山さんお疲れ様でした😌失点1はよく抑えてくれました!!岩貞さん頼みます!


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <ウエスタン・リーグ:阪神4-3オリックス>◇1日◇鳴尾浜

    今季3度目の先発となった阪神小川一平投手は、自己最長5回2/3を投げ4安打1失点と好投した。

    9回2死から味方がオリックスに追いつかれ今季初勝利とはならなかったが、2年目右腕は「5回までは自分から崩れることなく真っすぐ、変化球ともにストライク先行でいけたのはよかった」と手応えのある投球だったと話した。




    小川一平、変化球ダメダメのストガイ1年目とは打って変わって多彩な変化球を操る技巧派投手になってるの訳分からん



    小川一平スポナビで見たら ストレート カットボール スライダー カーブ チェンジアップ フォーク シュート 7球種投げてるの何? 去年上で見たとき三球種くらいしか投げてなかったけどあまりにスタイルチェンジしてて驚いた


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇交流戦 西武ー阪神(2021年5月29日 メットライフD)

     阪神先発のドラフト2位・伊藤将は粘りの投球で5回2/3を5安打1失点と試合を作った。

     初回は1死から森に右中間二塁打を許すも、後続を抑え得点は与えなかった。2回は1死から山川に甘い直球をバックスクリーンに運ばれ、ソロ本塁打を浴びて先制を許した。それでも3回以降は出塁を許しながら、最少失点でしのいだ。0―1の6回2死から山川、スパンジェンバーグに連続四球を与えたところで降板となった。

     前回15日の巨人戦では6回5失点で初黒星を喫した。中13日での登板に向け、「クリーンナップは長打の打てる打者が多いので自分の低めに集める投球をしたい」と意気込んで臨んだが、山川にソロを浴びた際には思わず唇をかみしめた。




    イトマサお疲れ❗️ 1失点は上出来👌ナイスピッチング☝️ 絶対逆転して負け投手にせんでくれ🙏



    あれま、昨日とは打って変わってなのね笑 イトマサ可哀想やが pic.twitter.com/HblrtyMzgg


    続きを読む

    このページのトップヘ