とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    6回5失点

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <阪神-広島>◇13日◇京セラドーム大阪

    リーグ後半戦の開幕戦で、阪神西勇輝投手(30)が初回にまさかの4失点を喫した。6回5安打5失点で降板し、プロ通算100勝はまたも持ち越しとなった。

    初回1死から菊池涼に左前打、小園に右中間へ適時三塁打を浴びて先制点を献上。その後4番鈴木誠を四球で歩かせると、1死一、三塁から坂倉の遊ゴロが併殺崩れとなり、その間に2点目。続く林、松山に連打を浴び、さらに2点を失った。

    その後、西川を申告敬遠し大瀬良を右飛に打ち取ったが、打者一巡の攻撃で初回に38球を要した。2回以降は持ち直し3イニング連続3者凡退。だが5回は先頭野間に右翼へソロ本塁打を浴び、6回裏の攻撃で代打を送られて交代となった。

    西勇は前半戦の最終登板となった7月11日巨人戦(甲子園)で9回1失点と好投したが、この日は苦しい投球。6月18日巨人戦(甲子園)で100勝に王手をかけてから、4戦連続でお預けとなった。





    西勇輝6回5失点か スアレスおらんけどここで交代やろな ほんまは7回は投げてもらいたいところやけど



    西勇輝さん6回を100球5失点にまとめる


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・青柳晃洋投手(27)が13日、西武とのオープン戦(甲子園)に先発登板。6回5失点の内容で敗戦投手となった。
     
     5回まではツーシーム系の変化球が面白いように決まり空振りを量産。テンポの良い快投を披露していたが、6回に落とし穴が待っていた。
     
     突如、制球を乱し2つの四球と安打で一死満塁のピンチを背負うと、迎えるは山賊打線の頭目・山川。しかし、カウント1―1からの3球目を痛打され、どすこい満塁弾を浴びる最悪の結果となってしまった。

     だが試合後、背番号50の表情は終始サバサバしていた。「試合途中からシンカーをストライクゾーンに入れるという課題に取り組んだんですが、その結果フォームがバラバラになってしまった。それが6回。その点は反省点です」。

     今はまだ本番のシーズンに向けた最終確認の段階。原因が〝可視化〟されているからこそ修正、向上の余地がある。既に開幕ローテの座を当確させている右腕は「フォームの開きなどは試合中に修正しなければならない点。そこに時間をかけてしまった。反省点は分かっていますし、結果的に5点取られましたが僕的にはいい試合でした」と振り返る。

     チーム内の競争を勝ち抜くため、目先の結果を追い求める立場ではもはやない。自身の役目は1年を通して先発ローテを支えること。6年目右腕の決意と自負がよく伝わってくる試合後の一幕だった。




    2021/3/13 阪神・青柳晃洋 ツーシーム・スライダーが右打者のコーナーに決まっていて空振りがかなり多く◎ 6回は制球が乱れたものの、インコースに厳しく食い込むFTを打った山川はさすが pic.twitter.com/r0eU2MHOA1


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇セ・リーグ 阪神―巨人(2020年10月3日 甲子園)

     阪神先発のガンケルは6回6安打5失点で降板。巨人の一発攻勢に屈した。

     3回までは巨人打線をわずか1安打に抑えて無失点。3回1死で迎えた第1打席では、畠から来日初安打となる左中間への二塁打を放ち、チーム初安打を記録するなど投打に奮闘した。

     だが4回1死二塁から丸に左翼線への適時二塁打を浴びて先制点を許すと、5回には吉川尚に右中間へのソロを浴び2点目を失った。直後の攻撃では代打を送られず、6回のマウンドへ。だが1死一、二塁から大城に痛恨の右越え3ランを被弾。来日してから甲子園での初先発も、粘りきることができず。「ジャイアンツはやっぱり良い打線だったし、簡単にアウトになってくれないなと感じた。球数も多くなってしまったし、追い込んでからのボールも甘くなってしまったから、反省して次に生かせるようにしたい」とコメントした。




    ガンケルさん。 先発再転向から2試合目で100球超える登板。 これからも先発で頑張っていけるかもね☺️ 正直言って、点入れられた場面だけ見たら とても失投とは思えない🙄 全体的に見てもストレートに力がこもっていたし。 つまり巨人打線はやはり恐ろし..😓 pic.twitter.com/EsJdU1mKKb



    大城のスリーランも痛いけどそもそも望月谷川が作れなかったのがね… ガンケル打った時に点入らなかったのも、大山のアーチが入らない梅野ファインプレーされる ここらへんが阪神と巨人の差かなぁ


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神-DeNA」(1日、甲子園球場)

     阪神・西勇が6回7安打5失点で降板した。

     失点は全て本塁打。初回にソト、四回に大和、五回は佐野に2ラン、六回は宮崎にソロを浴びた。

     西勇が1試合に4本の本塁打を浴びたのはオリックス時代の15年9月5日・日本ハム戦(ほっと神戸)以来、5年ぶり2度目。阪神の1投手が甲子園で4被弾するのは10年8月1日、中日戦での下柳剛以来、10年ぶり。

     今季ここまで6試合に先発し防御率1・87と好成績。登板6試合全てでクオリティ・スタートを達成していたが、7試合目で初めて6回自責点3以内の投球ができなかった。




    6回で5失点って… 今日投げてる阪神の投手は西勇輝ですか? それとも西遊記ですか?



    西勇輝めっちゃ被弾してるやん。どうした


    続きを読む

    このページのトップヘ