1


 ◇ウエスタン・リーグ 阪神7ー4オリックス(2021年9月26日 甲子園)

 阪神2軍は26日、オリックス2軍に7―4で勝利し、2021年度のウエスタン・リーグを65勝34敗7分で終えた。

 試合は2点を追う4回1死三塁から山本の犠飛で1点を返すと、5回2死一、二塁から遠藤が中前へ同点の適時打。さらに6回1死二、三塁から高山の強烈な打球を二塁・西野が後逸し、2点を奪って勝ち越しに成功した。7回2死満塁では山本が3点二塁打を放った。

 投げては先発の西純が3回5安打1失点(自責0)と粘投し、ファーム規定投球回に到達。4回に2番手の小野が1失点、7回に4番手の石井将が2失点したが、エドワーズが9回を3者凡退に斬り、リードを守り切った。




【ファーム】 阪神7-4オリックス 最後はエドワーズが試合を締めてウエスタン最終戦に見事勝利!今季のファームは65勝34敗7分!終盤の強さは凄まじかったわ!一軍に上がって親子優勝に貢献できるように今後も精進してや!  http://hanshintigers.jp  #hanshin #tigers #阪神タイガース #挑超頂



@hanshintigersjp 貯金31はすごいわ



@hanshintigersjp あとは日本一や‼️🐯 🇯🇵


続きを読む