とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    7回無失点

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <阪神4-0広島>◇15日◇甲子園

    鯉キラーの本領発揮だ。阪神秋山拓巳投手(29)が粘りの投球で7回3安打無失点に抑え、2勝目を挙げた。

    「ボール自体は良かったのですが、間延びしてしまう部分がありそこは反省点です。ただ、粘り強く投げることができたのは良かったと思います」。たびたび走者を背負ったものの、4番鈴木誠には3打数無安打と仕事をさせなかった。

    初回、堂林に右前打と盗塁を許して1死二塁。西川を中飛に打ち取ると、鈴木誠をフルカウントから外の直球で見逃し三振。27球を要したが、持ち前の丁寧な制球で無失点で切り抜けた。5回は連続四球から無死二塁のピンチを招くも、代打安部を外低めの直球で見逃し三振に仕留めた。続く絶好調の菊池涼、堂林は内野ゴロ。要所で外角へズバッと決まる直球が光った。

    今季初先発だった1日広島戦(マツダスタジアム)では、5回まで完全投球を見せて7回2失点で勝利。昨季4勝0敗の好相性を今年も継続している。




    秋山拓巳さん2勝目ですわよ



    常にストレート平均ランキングの下にいる秋山拓巳さん



    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇セ・リーグ 阪神4ー0DeNA(2021年4月10日 横浜)

     両リーグ10勝一番乗りの立役者は、間違いなくこの男だ。阪神先発・青柳が7回3安打無失点。低めでゴロを打たせるいつもの投球で相手打線を手玉に取り、2勝目を挙げた。故郷であり、敵地でもある横浜でのヒーローインタビューでは、晴れやかな表情を浮かべた。

     「地元のファンの前で投げられるのは、一番幸せだと思う。これからも横浜スタジアムでは勝てるように頑張っていきます」

     6回まで内野安打2本。1―0の7回に佐野への四球と宮崎の左前打で無死一、二塁と初めてピンチを招いた。ここで神里の犠打を梅野が好判断で三塁封殺。田中俊のゴロは自らさばき、2死一、三塁での戸柱のライナーは二塁ベース寄りに守備位置を変えていた中野が好捕してくれた。

     「調子自体は良くなかったけど、梅野さんにいろんなボールを使ってもらって。配球で抑えさせてもらった」

     ツーシーム、カットボール、シンカーなど多彩な球種を試合展開や打者の反応を見ながら駆使。バッテリーでつかんだ白星だった。

     おっとりした性格に映るが、芯は強い。エースの西勇がいる中、オフには「開幕投手を狙います」と堂々、宣言した。今年で28歳。「いつまでも西さんにおんぶにだっこの年齢じゃない」。セ・リーグで一昨年、昨年と2年連続規定投球回に到達したのは、自身と西勇、中日・大野雄の3人だけ。マイペースに見えて自信と自覚を年々、高める。もちろん慢心することもない。

     「阪神の投手陣はもともといいけど、今年は特に素晴らしい。逆に言うと、自分が1回やらかしたら、外れてしまうぐらいの危機感を持っている。そういうところが、みんなのいい結果につながっているのかなと思う」

     これで3日の中日戦から14回1/3連続で無失点。矢野監督も「こういう1点を争うしびれた試合の中で、ヤギ自身も成長できる勝ちになる」と目を細めた。“隠れエース”の安定感が、実に頼もしい。(山添 晴治)




    青柳さん輝いてるね! ハマの青空は阪神・青柳の味方だ 7回無失点で2勝目「地元のファンの前で投げるのは一番幸せ」  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/04/11/kiji/20210411s00001173059000c.html  #スマートニュース



    「雨柳さん」は去年の話で、今年は「晴柳さん」になるんやわ(笑)  https://twitter.com/Sponichi_Tfoto/status/1380803100756246535 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <DeNA0-4阪神>◇10日◇横浜

    頼れる先発陣だ。阪神先発の青柳晃洋投手(27)が7回120球、無失点の好投で今季2勝目を挙げた。DeNA上茶谷とのしびれる投手戦。

    「今日は調子自体は良くなかったが、梅野さんの配球で抑えさせてもらった」とバッテリーを組んだ梅野に感謝した。得意のツーシームを軸にスライダーなどホームベースを幅広く使い散発の3安打。1-0の7回は無死一、二塁のピンチをつくったが、神里の捕手前のバントを梅野が好フィールディングで三塁送球してアウト。続く田中俊を投ゴロ、戸柱を遊直と踏ん張った。

    矢野監督も「本当にヤギ(青柳)が安定感抜群やった。ヤギさまさま。こういう1点を争う、しびれた試合の中でヤギ自身も成長できる勝ちになる」と絶賛した。DeNAは青柳対策で左打者6人をスタメンに入れた。昨年横浜スタジアムでは2試合で防御率6・30と苦手にしていたが、制球難で崩れない今季は7個の「0」を並べた。「練習では福原投手コーチに教えてもらったりだとかで良くなってきている。要所でストライクが入るようになったのはうれしいですが、何でって言われると難しいですね」。理由を自己理解できているわけではないが、制球に手応えを感じている。

    開幕から14試合、青柳だけでなく先発陣全員が任された試合で5回以上を投げて責任を果たしている。青柳は「今年は(投手陣が)特にすばらしいので、自分が1回やらかしたら外れてしまうくらいの危機感を持っている。そういうところがみんないい結果につながっている」と、ハイレベルな競争が首位の原動力となっている。今季は9回打ち切りで早めに中継ぎをつぎ込める中、先発陣の頑張りは長いシーズンを勝ちきるためにもプラス材料。矢野監督も「特に先発がずっといい」と喜ぶ。16年ぶりのリーグ優勝のためにも、先発陣が試合をつくり続ける。【石橋隆雄】




    さえ渡るツーシーム 阪神・青柳、左打者恐れず (日本経済新聞) 右横手の変則フォームから、左打者の外角低めに逃げるように沈むツーシームがさえ渡った。阪神の青柳が7回無失点で2勝目。昨季は左打者を苦手としたが、左を多く並べたDeNA打線に思うような…  https://www.nikkei.com/article/DGXZQODH1030Z0Q1A410C2000000/  #速報 #ニュース



    中野選手からウイニングボールを受け取る青柳投手、7回3安打無失点で今季2勝目です!(林) #阪神タイガース #hanshintigers #ハマスタ #青柳晃洋 #中野拓夢 #ウイニングボール pic.twitter.com/ySObfn4Khu


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◆JERAセ・リーグ DeNA―ヤクルト(1日・横浜)

     ヤクルトの歳内宏明投手(27)が7回5安打無失点で、阪神時代の2015年9月29日DeNA戦(甲子園)以来、1829日ぶりの勝利を挙げた。

     序盤からキレのある直球とスライダーに加え、この日はフォークを多投。2巡目からはカーブも織り交ぜてDeNA打線を7回まで無失点に抑えた。これで加入後3試合目で初勝利をマーク。先発での勝利は阪神時代を通じて初めての勝利となった。

     歳内は昨季限りで阪神を退団し、今季は四国アイランドリーグplus香川でプレー。香川では9登板し、5勝0敗、防御率0・42と好成績を残し、9月7日にヤクルトと正式契約を結んでいた。




    阪神2対0中日。岩田が454日ぶりの勝利。スタメン復帰の梅野がダメ押しのソロホームラン。藤浪160キロ連発で甲子園が沸く。セカンドの北條は好守備で藤浪を援護。スアレスも危なげなく、最後は160キロ。ショート小幡のファインプレーで終了。ヤクルトの歳内(元阪神)も5年振りの勝利。いい一日だ。



    元阪神で独立リーグ後、ヤクルトでNPB復帰した歳内投手が7回無失点で勝利。これは嬉しいですな。


    続きを読む

    このページのトップヘ