1


 ◇セ・リーグ 阪神―DeNA(2020年7月31日 甲子園)

 阪神先発の青柳は6回1/3を5安打3失点で降板。6回まで好投も7回に粘りきれず、今季5勝目は次回以降に持ち越しとなった。

 試合前の突然の豪雨でプレーボールは57分遅れ。「雨柳さん」フェイスタオルが販売されるほどの雨男ぶりも、安定感ある投球も健在だった。5回まで許した安打は梶谷に浴びた2安打のみ。低めに丁寧に集める投球でゴロアウトを積み重ねていった。

 だが6回にソトの遊ゴロの間に1点を失うと、7回には先頭の宮崎に左翼への二塁打を許すなど1死一、二塁。代打・山下に対してカウント1―1から左翼へはじき返されると、サンズの必死のスライディングキャッチも一歩及ばず、二塁走者が生還。1点差に迫られた所で交代を告げられ、馬場にマウンドを託した。

 後をうけた馬場はフルカウントから梶谷を空振り三振に仕留め2死とするも、続くオースティンに同点の左前打を許した。青柳の勝利投手の権利は消滅。巨人・菅野と並んでリーグトップタイの5勝目とはならなかった。




まあこの流れ作っちゃった青柳くんも青柳くんだから馬場くんも経験と思ってそんなに落ち込まんでね()



青柳の5勝目が消えた(´д`)


続きを読む