とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるや5チャンネル、オープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    7回2安打無失点

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「ウエスタン、広島0-9阪神」(17日、由宇球場)

     阪神のドラフト6位・富田蓮投手(三菱自動車岡崎)が2軍降格後初先発し、7回2安打無失点8奪三振でプロ入り後の“先発初勝利”を挙げた。

     持ち味の制球力を存分に発揮。直球にカーブ、スライダー、チェンジアップを織り交ぜる緩急自在なテンポのいい投球で四回までをパーフェクトに抑えた。

     五回には二俣にこの日初めて安打を浴びたが、続く宇草をスライダーで空振り三振。内田をチェンジアップで遊ゴロに仕留めた。

     七回、2死から久保に二塁打を浴び、ピンチとなっても二俣をチェンジアップで三邪飛に。「今日はカウント負けすることなく、自分の思った通りの投球ができた。どの球でも困ることなく、ストライクが取れたのでよかった」と振り返った。

     9日の日本ハム戦(エスコンF)でプロ初先発するも3回5安打3失点と苦しんで降格となったが、1軍再昇格に向けて順調な再スタートを切った。

     打線は8日のウエスタン・広島戦(鳴尾浜)で左脇腹に死球を受け、前日に実戦復帰した井上が二回に左中間フェンスを越える2ラン。八回には左前打も放った。

     北條は六回に1死満塁で中堅の頭上を越える2点適時二塁打。3打席目までも四球、右前打、四球を記録しており、4打席全てで出塁した。チーム全体でも13四球をマーク。選球眼が9得点につながった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/fbc98f0c7aae7406c773d19f5f68b81912ced490


    【阪神】ドラ6富田蓮2軍広島戦で7回2安打8奪三振無失点 前回1軍日本ハム戦以来の登板(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース 100点💯  https://news.yahoo.co.jp/articles/322ac4251b46cd9c9a96d41adb35a6af58acbac0 



    富田 蓮 7回85球 被安打2 奪三振8 与四死球0 失点0 富田くんええやないの!!


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇セ・リーグ 阪神ーDeNA(2022年4月20日 横浜)

     阪神・小川が今季4度目の先発で、自己最長の7回を2安打無失点と好投した。

     序盤から力強い直球にカットボールやツーシーム、そしてカーブを交えてDeNA打線を翻弄した。6回まで許した走者は2回先頭の牧に浴びた右前打と、5回2死から大和に与えた四球のみ。テンポよくアウトを積み重ね、DeNA・東との投手戦を演じた。

     7回には先頭の大田に三塁強襲の内野安打を許すと、続く佐野の一ゴロを大山が二塁送球するもセーフとなり、無死一、二塁に。この日最大のピンチで、4番・牧を三ゴロ併殺打に。ソトを申告敬遠して2死一、二塁で迎えた大和をカーブで投ゴロに打ち取り、雄たけびを上げた。

     前回13日の中日戦は予告先発されていた伊藤将が新型コロナウイルス陽性判定を受けたため、急きょ先発に。代役ながら、4回2/32安打無失点と好投した。そこから中6日での登板。味方の援護がなく先発初勝利とはならなかったが、7回2安打無失点の快投で、幼い頃から頻繁に野球観戦に訪れていた地元・横浜の地で勇姿をみせた。




    小川が7回被安打2の好投したんだから勝ちつけてやれや阪神打線



    阪神の小川って確か前回コロナで抹消された先発の代役として出てきた選手だよね? 滅茶良い投球してるし球数も理想的な先発じゃない 阪神にとっては怪我の功名だね


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神-中日」(18日、甲子園球場)

     阪神先発の高橋遥人投手が7回を投げ2安打無失点、10奪三振で交代した。今季2試合目となった登板で圧巻の投球を披露。昨季10月24日の巨人戦以来329日ぶりとなる勝利投手の権利を手にしてマウンドを降りた。

     力強い投球で中日のエース・大野雄と息詰まる投手戦を繰り広げた。初回は渡辺、大島を空振り三振に仕留めるなど三者凡退の立ち上がり。二回には2死から高橋周に二塁打を放たれたが、後続を抑えて得点を許さなかった。

     この回以降も抜群の安定感を見せた。三回から六回まで1人の走者も許さず、三者凡退。1点を先制した直後の七回には、1死走者なしから大島に中前打を浴びたものの、4番・ビシエドを左飛、続く福留は遊ゴロに打ち取った。

     前回9日のヤクルト戦では4回6失点(自責5)。初回から打者一巡の猛攻を受けるなど立ち上がりに乱れた。「リズムが単調にならないように」と明確なテーマを持ってマウンドに上がった。

     1点リードの七回2死二塁の場面で打席を迎えると、代打・サンズが告げられて交代。八回からは岩崎がマウンドに上がり、勝利のバトンをリリーフ陣に託した。




    続きを読む

    このページのトップヘ