とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    7回3失点

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <阪神8-10ヤクルト>◇25日◇京セラドーム大阪
    阪神藤浪晋太郎投手(27)が2年連続開幕投手を務め、7回6安打3失点で役割を果たした。
    初回に先制点を許したが、落ち着き払っていた。1-1と同点で迎えた3回2死一、三塁で再びサンタナとの勝負。カウント1-3から158キロの直球で見逃し三振に斬った。その後は流れを引き寄せず、159キロの速球から109キロのカーブまで緩急操り、7三振を奪った。
    「調子が良かったわけではないですが、何とか粘ってゲームを作ることができたのは良かったですし、先発として最低限の仕事はできたのかなと思います」
    1年前の「自分」への再挑戦だった。昨年3月26日、同じく小川と投げ合ったヤクルトとの開幕戦。5回2失点でマウンドを降りると、7回に新人の石井大が同点打を浴び、自身の開幕戦白星が消えた。「晋太郎さんの人生を変えてしまったかもしれない」と背負い込むルーキーに、先輩右腕は言った。「7回投げられない俺が悪い。石井は全然気にしなくていいよ。俺も中継ぎを経験して、気持ちは分かるから…」。その言葉で、ポキッと折れてしまいそうな新人石井の心を優しく包みこんだ。先発としてより長いイニングを投げきれなかった自分への戒めでもあった。
    1年がたち、再び巡ってきた開幕戦。昨年の自分を超える7回のマウンドを守り抜いた。まさかの7点差逆転負けで、勝ち投手はスルリと逃げた。だが、2、3戦目に予定のプロ初先発コンビ、小川とルーキー桐敷を勇気づけるマウンドになったことは間違いない。【三宅ひとみ】




    2022年3月25日 阪神vsヤクルト 藤浪晋太郎 110球+α まとめ  https://youtu.be/nQQPHy-B6qs  毎年恒例の(?)藤浪晋太郎初登板試合全球まとめ作りました。 8分で本日の藤浪を振り返れます。 BGMはないので裏でお好きなものを流してください。 白井10分間耐久とかいいんじゃないですかね(適当)



    2年連続報われない藤浪晋太郎がいちばん辛い


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神・平田勝男2軍監督(62)が16日、鳴尾浜で行われたHonda鈴鹿との練習試合に先発し、7回8安打3失点だった秋山拓巳投手(30)について言及した。「大丈夫かな。大丈夫やないか。アキにしてはまだコントロールが…。精度、そういうとこだと思う。何球投げた?(98球)こうやって実戦で投げていくことで調子も上がってくるだろうし、もう一回投げる機会もあると思うので、なんの心配もないやん」と語った。さらに「社会人はうれしくてしょうがないやん、秋山とか打って。社会人とかアピールしたい部分もある。それをね、やっぱりコントロールが秋山の精度じゃないよね。ちょっとシュート回転していくボールも多いしね」と振り返っていた。




    プロアマと違うけど7回3失点は良い結果だと思うけどなぁ~ 阪神・秋山が2軍プロアマ交流戦で先発 7回3失点(スポニチアネックス) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/b8e3dae0be3c4b5024d198d80fac742d445b99ac 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神-DeNA」(12日、甲子園球場)

     阪神先発の青柳が、7回を投げて4安打3失点(自責点1)で降板した。

     立ち上がりから粘り強く投げていた。先制点を献上したのは三回。先頭の伊藤光に右前打を許すと、自らの失策と四球で無死満塁のピンチを背負った。迎えた森は中飛。だが、1死から続く佐野を二ゴロに仕留めたが、その間に先制点を許した。

     四回から五回までは、低めに集めた丁寧な投球で追加点を与えず。しかし、1点ビハインドの七回。2つの四球で2死一、二塁とすると、森に左中間へ適時打を運ばれた。さらに、サンズの失策も絡んで2失点。リードを広げられた。

     七回、無死一塁で打席を迎えると、代打・原口が告げられて交代。打線の援護にも恵まれず、前半戦の最終登板を白星で飾ることはできなかった。

     3点ビハインドの八回からは、2番手で藤浪がマウンドに上がった。




    青柳、自責点は1だけど3失点か・・・



    青柳さん自責1の3失点wwww



    青柳さん7回3失点で負けがつくのは可哀想。だから打線頑張ってくれ!


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    ◇19日 阪神―巨人(甲子園)

     先発した阪神ドラフト2位ルーキー、伊藤将司投手(25)は7イニングを投げて6安打3失点で降板し、5勝目を挙げることはできなかった。

     相手はプロ初勝利を挙げた巨人。4回、大城に右中間へ勝ち越しソロを許し、6回は坂本に通算250号となる左越えへの記念アーチを浴びた。初の1試合2被本塁打で、6試合連続の被本塁打となった。

     「ボール自体は悪くなかったと思います。ただ、大城さん、坂本さんに打たれてしまったホームランはどちらも2アウトからだったので、もったいなかったですし、悔やまれる1球となってしまいました。今までも2アウトからホームランを打たれてしまうことがあったので、しっかり反省して、次回の登板ではそういったことがないように投げていきたいと思います」

     20日の「父の日」にはお酒とともに自らの白星をプレゼントしようとも語っていたルーキーだが、その親孝行は果たせなかった。




    伊藤将司調子悪くても粘れるし良くても割と簡単に飛翔するから波が激しくないよね 今日はまあ打たれちゃいけないところで打たれたしバント失敗したけど7回3失点だからね ゲームメイク力はぱないよ



    伊藤もなんか当たり前のように7回3失点くらいでまとめるからルーキー感がないな


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1 (2)


    <日本生命セ・パ交流戦:阪神3-7オリックス>◇3日◇甲子園

    阪神ラウル・アルカンタラ投手(28)が来日最長の7回を投げ、3失点と粘ったが、2勝目には届かなかった。

    3回までは完全投球も4回に2失点。5回2死から投手の山崎福に浴びた二塁打をきっかけに同点に追いつかれた。6、7回も得点圏に走者を背負いながらも、適時打は許さず。7回2死一、二塁ではオリックス吉田正を来日最速155キロ速球で三邪飛に打ち取り、同点で降板した。「先制してもらったのに追いつかれてしまったのは反省点だけど、最後のピンチの場面を粘ることができたのは良かったと思う」と振り返った。




    アルカンタラさんの武器は 動くツ-シ-ムであったはず しかし?現在のところ 球筋が素直で制球が良い分 甘いところに球が集まる 打ち込まれる時はそんな感じかな? (今アプリで試合のハイライトを観てます) 調子が良いとは言えないかもしれないけど これから状態を上げてくれれば良しと思うね☺️🐯 pic.twitter.com/eVLAMTVxIn



    2021/6/3 阪神・アルカンタラ #Tigers_summary ピンチでの粘りを見せ、今季最長の7回を投げ3失点 ストレートをゾーン内に揃えすぎないこと、スプリットをしっかり落とすことが課題 pic.twitter.com/pcy6x0Erl2


    続きを読む

    このページのトップヘ