とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    7連勝

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1






    阪神ちゃん2位に浮上しとった



    阪神オープン戦2位か


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「オープン戦、阪神4-2オリックス」(19日、京セラドーム大阪)

     阪神が昨季13勝を挙げたオリックスの先発・宮城を打ち砕き、逆転勝利。オープン戦の連勝(3分けを挟む)を「7」に更新した。

     初回、二回と左腕にパーフェクト投球を許したが、1点ビハインドの三回に打線が奮起した。坂本の右中間を突き破る二塁打などで2死一、二塁の好機を作ると、熊谷が一塁線へ同点適時打。続くマルテが勝ち越しの右前適時打を放ち、佐藤輝にも一塁線を破る適時二塁打が飛び出した。

     阪神の先発・小川は6回7安打2失点。初回に吉田正の左犠飛で先制点を奪われたが、二回以降は緩急を駆使して粘りの投球を見せた。五回2死満塁のピンチでは昨季の本塁打王・杉本をカーブで空振り三振。六回、宗に一発を浴びた以外は、大きく崩れることはなかった。

     七回からは完全復活を目指すガンケルがマウンドへ。150キロ超のボールでオリックス打線を押し込み、腰の張りからの順調な回復ぶりをアピールした。




    【オープン戦】阪神4-2オリックス 引き分けを挟み7連勝や!一平ちゃんは6回2失点で来週に向け視界良好!3回裏、宮城からの三連打も爽快やったわ!明日も勝利し最高のムードで開幕初戦に臨むで!  http://hanshintigers.jp  #hanshin #tigers #阪神タイガース #イチにカケル



    @hanshintigersjp なんか強いの笑う



    @hanshintigersjp 攻撃も守りも強いチームの野球してるわ


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神1-0中日」(3日、甲子園球場)

     阪神ベンチでジョー・ガンケル投手(29)の表情が突如、曇った。1-0の七回1死から福田に右前打を打たれ、降板。後を託した及川が、暴投で1死三塁とピンチを拡大したからだ。祈ることしかできない-。次の瞬間、その祈りは届いた。

     高橋周は空振り三振し、三走・福田も飛び出してタッチアウト。若き左腕が無失点で切り抜けた。クールな助っ人が、ベンチで飛び上がって雄叫びを上げる。「中継ぎがゼロで抑えてくれたので、本当に良かったよ」。何度も何度も手をたたき、喜びを爆発させた。

     先発としては十分な仕事内容だ。6回1/3を4安打無失点。「低めに丁寧に投げて」バットの芯を外す。持ち味のゴロで打たせて取る投球で、竜打線を封じ込めた。

     9月19日の巨人戦では2回7失点と炎上。しかし「ベーシックな形に戻した」とフォームを見直し、2試合連続で白星をつかんだ。矢野監督も「研究熱心さというのは、修正には欠かせないもの」と評価。残り試合も「任せられる」と改めて信頼を寄せた。

     9勝目を挙げ、助っ人3人で上がったお立ち台。スアレスから「人格もすごいいい人。野球でも競争心の強い、いい投手なので、いい同僚を持てて、非常に誇らしく思うよ」と最高の褒め言葉をもらった。顔を見合わせ、照れくさそうにペコリ。異国の地で戦う助っ人たちにも、強固な結束力が生まれている。

     デーゲームは10戦負けなしの7連勝で、来日初の2桁勝利に王手をかけたガンケル。ただ「チームが絶対に勝たないといけない試合が続く」と、個人成績よりもチームの悲願に向けて、腕を振る覚悟だ。

     「タイガースファン、サイコウデス。イツモ、アリガトウ」。お立ち台は流ちょうな日本語で締めた。来日2年目、ますますタテジマが似合ってきた。




    「日曜お昼はウキウキpitching  あっちこっちそっちどっち ガンケル」



    ガンケルさん、幸せな月曜日をありがとう!!!  https://twitter.com/sponichi_endo/status/1444830277155516416  pic.twitter.com/sG9pBxoqoS


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇ウエスタンリーグ 阪神4ー2ソフトバンク(2021年6月11日 甲子園)

     阪神2軍は、ウエスタン首位のソフトバンクを4―2で下し、3日のオリックス戦(鳴尾浜)から7連勝とした。約1カ月ぶりの実戦登板を5回2失点(自責1)で終えたチェンに平田2軍監督は…。以下は一問一答。

     ―チェンは久しぶりの登板で5回2失点。

     「立ち上がりはちょっと力入ってたな。立ち上がりはすごく力が入ってたけど、エラーが1つで2点取られてるけど、実質1点だな。2回以降はチェンらしく、球のキレもコントロールも落ち着いてきたと思うよ」

     ―本人はリフレッシュで登板間隔を空けたと話していた。

     「リフレッシュが功を奏してるというか、ボールがいきだしてるんでね。ずっと春先から飛ばしてきてたから、そういった意味ではリフレッシュできて、これからまた。ああいう選手たちは、夏場が好きなんでね。大きく調子を上げてくると思うよ」

     ―ロハスも1本出た。

     「逆方向でも浜風でああいうふうな打球がホームランになるというところを。おおいに引っ張る必要ないのよ。そういう甲子園のイメージが沸いてくれればな。いいんだけどその後のチャンスの時には低めのね、ああいう三振しながらも日本人の配球というか。チャンスの時と、ランナーがいない時はちょっと違うんでね。その辺はまだまだ打席立って勉強だ」

     ―山本も実戦復帰した。

     「久しぶりにゲーム出て、まあエラーはあったけど、あとのプレーも落ち着いてるし、あのエラーも難しいゴロだったしね。それだけの打球なんで。久しぶりに存在感?堅実な守備っていうのも若い子たちもいい勉強になるよ」

     ―体も問題ない。

     「ああ、もう大丈夫だね。大丈夫だから試合出てるんだよ」

     ―陽川が2回にアクシデントがあって、足を痛めているようだった。問題はなさそうか。

     「いやーどうかなー、ちょっと足がつりかけたっていうから、こんなとこでつってどうすんだい!って言って。ランニング不足や!って言って、1軍でなにしとったんや!って言って。あんなので足がつっているようじゃ話にならん。もう一回ファームで鍛えなおしや言うてね。大事に至らなきゃいいんだけどな」

     ―井上が試合前練習に参加していた。

     「守備はね、問題ないのよ。今日、室内でマシンバッティングもやったんだけど。明日その様子をみて、そこでバッティングするのか。まだゲームはダメだけどね。そういうところでこういうナイターで、甲子園というところもあってベンチに入れて。ベンチから見て、試合出てばっかりだからね。そういういろんな選手たちの観察というか。今日なんか八回の裏、板山やロハスに対する配球とかさ。そういうところも含めて勉強になる」

     ―明日からの先発は。

     「明日はモッチー(望月)、日曜日(西)純矢」




    交流戦は5割以上で終われるので,とりあえず最低限 更に2軍の7連勝は凄すぎる! 確か首位とは10ゲーム以上離れてた記憶があるけど,今は3.5と結構縮まっているね。



    おお! 山本待ってるで! 若虎も勢いあります 阪神2軍がリーグ首位のソフト撃破で7連勝 チェン、ロハスに「結果」出た(スポニチアネックス)  https://news.yahoo.co.jp/articles/5b8c7edb8e8cb343007b761ba68826d94d58b68c 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇セCSファーストS第1戦 阪神8―7DeNA(2019年10月5日 横浜)

     セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージが5日、横浜スタジアムで開幕し、レギュラーシーズン3位の阪神が最大6点差を終盤にハネ返して同2位のDeNAに8―7で大逆転勝利。“下克上”でのファイナルステージ進出に王手をかけた。

    1
    【写真】逆転の2点適時三塁打を放った北條はベンチに向かってガッツポーズ

     阪神は先発右腕の西が初回に先頭から筒香の3ランを含む5連打を浴び、5連打目となった宮崎の投手強襲安打を左足に受けて1死も取れずわずか12球で降板。5回には4番手左腕・島本が4点を失い、一時は1―7と一方的にリードを許す展開となった。

     だが、レギュラーシーズン最後に6連勝し、最終戦で広島をかわしてCS進出を果たした阪神の勢いはポストシーズンに入っても衰えていなかった。1―7で迎えた7回、北條の左越え3ランなどで一挙4点を返して5―7と2点差に詰め寄ると、8回には木浪の右前適時打で1点差とした後に北條が中越えへ2点適時三塁打を放ってついに逆転に成功。8回は7番手左腕・岩崎が3者連続三振に斬って取ると、9回は守護神の藤川が1点差を守り切った。

     DeNAは右手小指打撲から復帰して今年初の3番に入った筒香が初回の先制3ランを含む5打点と活躍。1番に入った神里が4安打と途中まではラミレス監督の起用がはまったが、終盤の継投に失敗した。

     7―1で迎えた7回に登板したバリオスがピンチを招くと、代わったエスコバーが北條に3ランを被弾。エスコバーがその裏の打席に入って8回も続投すると、木浪の適時打で1点差に迫られた。エスコバーはさらに近本にも打たれて2死一、三塁とピンチを広げたところで降板。ここでマウンドに上がった国吉が北條に逆転の中越え2点適時三塁打を浴びた。








    凄い阪神本間凄いわ。もう負けるかと思ったあの6点差をひっくり返してよく勝ったよ。シーズン終了前から7連勝でファーストステージ王手。明日も絶対勝って巨人とやりたいね。@TigersDreamlink



    北條5打点の大活躍!でも今日は岩崎や! 阪神、6点差ハネ返して“7連勝” 3位からの“下克上”ファイナルS進出に王手 DeNAは継投失敗― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/10/05/kiji/20191005s00001173311000c.html 



    6点差から大逆転! タイガース第1ステージ突破に王手! レギュラーシーズンから破竹の進撃7連勝! 明日で決めちゃおー\(^^)/ #阪神タイガース



    6点差逆転勝利!!! シーズン含め7連勝!! CSファイナルステージに王手! 阪神タイガース強すぎる!!!! 阪神タイガース大好きやぁ!!!! #阪神タイガース pic.twitter.com/H3foimtBgL



    @TigersDreamlink 破竹の7連勝 はやくも王手や~~ あきらめないで打線がよくつないだね~ 北條5打点よくやった


    続きを読む

    このページのトップヘ