1


阪神が新勝利の方程式を探りながら白星を積み重ねていく。矢野監督は、岩崎が左肘の張りで抜けた中での救援陣起用について「誰がどこにいってもおかしくないと思っている。対戦相手、状況、そういうのを全部考慮しながら、見極めて使っていこうと思っている」と語った。

現在ストッパーを託されるスアレスへのつなぎ役の1人は馬場とみられる。藤川、能見のベテラン陣や伊藤和、ガンケルも控えている。26日には望月も奮投。指揮官は「ガンケルもいてくれるのは大きい。モッチー(望月)の投球も良かったし、みんながそういうところに入って来てくれたら一番うれしい」。その上で、制球力が武器のガンケルについて「使ってる側は安心感ある投手。はまってくれれば、チームとしてプラスに働く」と話した。

臨機応変に役割を分担していく中で、2試合の救援登板で無失点のガンケルがセットアッパー起用される可能性もありそうだ。




8回ガンケルかぁ😳 予想外にキャンプでいい球投げてたとはいえ、もともと即戦力で入団してないガンケルがこんなに早く戦力になってくれるとは😌つーか即戦力候補だったエドワーズさんはどうした😅



阪神勝ちパターン継投8回ガンケルもあり/梨田昌孝  https://www.nikkansports.com/baseball/column/analyst/news/202007260000879.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp  うむ🙄 ガンケルさん勝ちパターンアリだと思うよ😳🐯 とにかく今は岩崎君が抜けた後をどうするか? 矢野監督も色々悩みどころだと思います🤭🐯


続きを読む