1


 「阪神0-9中日」(30日、甲子園球場)

 先発の阪神・青柳は自己ワーストの8失点。明らかな背信投球に「成長していかないと。何年かしてね、本人もチームを引っ張るって立場でいたいって部分も持っていると思う。それは思いだけでなく、結果でも出していかないと」と矢野監督は厳しく注文をつけた。

 小幡の“トンネル失策”もあった初回は、何とか犠飛による最少失点で切り抜けたが、四球は2個。被安打なしで先制点を許した。三回も2個の四球と失策が絡んで2失点。五回には大野雄の中前打が近本のまずい守備により2点三塁打になるなど、3連続適時打を浴びて大量5失点だ。

 5回115球、9安打、5四球での降板に「2個の先頭打者への四球がどちらも点に絡んだ。反省材料が多い登板だった」と福原投手コーチ。中日には自身3連勝中だったが、この敗戦で9月は0勝4敗となり、今季勝敗も6勝7敗となった。「13勝以上は勝つ」と決めていた今季。目標達成は極めて厳しくなった。




青柳が、自己ワーストとなる8失点。5回9安打5四球。4回以外はすべて先頭打者に出塁を許し味方の失策も絡んで失点を許した。矢野監督は「得点は全部四球が絡んでる。味方が足を引っ張ってるところもあるし、2死から粘れない。成長していかないと」 #青柳晃洋  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202009300000945.html  pic.twitter.com/WewtViQr8f



誰や!青柳さんに◯◯とかヤジ飛ばすやつは!! 阪神青柳、自己ワースト8失点降板 ヤジも飛び交う  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202009300000945.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp&utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 


続きを読む