とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    9勝目

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神2-1広島」(18日、甲子園球場)

     阪神は、1点差を守り切って広島に勝利。首位・ヤクルトの試合がなかったため、あす19日からの直接対決2連戦を前にゲーム差を2・5とした。

     4試合ぶりに先発出場した佐藤輝の快音をきっかけに、先制点をもぎとった。両軍無得点の三回。先頭・佐藤輝は九里が投じた真ん中付近のスライダーを捉えた。鋭い打球は右中間を破り、一気に三塁へ。(結果は二塁打と失策)。無死三塁の好機を作った。続く坂本が放った中堅への犠飛で生還。8月19日・DeNA戦以来となる長打で先制点を奪った。

     1-0のまま迎えた七回には、先頭・糸原、ロハスが連打で出塁。佐藤輝の代打・島田は見逃し三振に倒れたが、続く坂本が左前打で1死満塁と好機を拡大する。伊藤将の代打・糸井が左犠飛を放ち、ほしかった追加点を奪った。

     先発の伊藤将は、7回4安打無失点で9勝目。球団新人左腕では1967年に12勝を挙げた江夏以来、54年ぶりの快記録を成し遂げた。初回から五回1死まではパーフェクト投球。七回には坂倉が放ったライナーが左の臀部付近に直撃するアクシデントもあったが、すぐにマウンドへと戻り、快球を続けた。

     抑えのスアレスは42セーブ目で残り6試合で35セーブの広島・栗林が追いつけなくなったため、単独での最多セーブが確定した。




    痛っ!阪神・伊藤将の左臀部付近に打球が直撃 痛みにマケズ、続投して7回まで無失点快投 - スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/10/18/kiji/20211018s00001173520000c.html  おしり



    先週の初リリーフに続き、新人であることを忘れさせる躍動です! 痛っ!阪神・伊藤将の左臀部付近に打球が直撃 痛みにマケズ、続投して7回まで無失点快投― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/10/18/kiji/20211018s00001173520000c.html 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神1-0中日」(3日、甲子園球場)

     阪神ベンチでジョー・ガンケル投手(29)の表情が突如、曇った。1-0の七回1死から福田に右前打を打たれ、降板。後を託した及川が、暴投で1死三塁とピンチを拡大したからだ。祈ることしかできない-。次の瞬間、その祈りは届いた。

     高橋周は空振り三振し、三走・福田も飛び出してタッチアウト。若き左腕が無失点で切り抜けた。クールな助っ人が、ベンチで飛び上がって雄叫びを上げる。「中継ぎがゼロで抑えてくれたので、本当に良かったよ」。何度も何度も手をたたき、喜びを爆発させた。

     先発としては十分な仕事内容だ。6回1/3を4安打無失点。「低めに丁寧に投げて」バットの芯を外す。持ち味のゴロで打たせて取る投球で、竜打線を封じ込めた。

     9月19日の巨人戦では2回7失点と炎上。しかし「ベーシックな形に戻した」とフォームを見直し、2試合連続で白星をつかんだ。矢野監督も「研究熱心さというのは、修正には欠かせないもの」と評価。残り試合も「任せられる」と改めて信頼を寄せた。

     9勝目を挙げ、助っ人3人で上がったお立ち台。スアレスから「人格もすごいいい人。野球でも競争心の強い、いい投手なので、いい同僚を持てて、非常に誇らしく思うよ」と最高の褒め言葉をもらった。顔を見合わせ、照れくさそうにペコリ。異国の地で戦う助っ人たちにも、強固な結束力が生まれている。

     デーゲームは10戦負けなしの7連勝で、来日初の2桁勝利に王手をかけたガンケル。ただ「チームが絶対に勝たないといけない試合が続く」と、個人成績よりもチームの悲願に向けて、腕を振る覚悟だ。

     「タイガースファン、サイコウデス。イツモ、アリガトウ」。お立ち台は流ちょうな日本語で締めた。来日2年目、ますますタテジマが似合ってきた。




    「日曜お昼はウキウキpitching  あっちこっちそっちどっち ガンケル」



    ガンケルさん、幸せな月曜日をありがとう!!!  https://twitter.com/sponichi_endo/status/1444830277155516416  pic.twitter.com/sG9pBxoqoS


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神1-0中日」(3日、甲子園)

     阪神はマルテが3試合連続本塁打を放ち、投手陣も踏ん張って3連勝を果たした。先発のガンケルは六回1/3を投げて4安打無失点。まで3安打無失点と好投。五回には、先頭で中前打を放つなど、バットでもチームに貢献し、9勝目を手にした。

     試合後には阪神のベンチには、美人妻と評判のブロンドのメガン夫人の姿が。ガンケルの横で控え目に振る舞いながらも、トラッキーの姿に笑顔。トラッキーからぬいぐるみを手渡され、愛くるしい笑顔を見せた。

     この日はユニホームに正面にガンケルの背番号「49」、後ろ側に「GUNKEL」と刺繍された黒いキャップをかぶっており、夫に寄り添っていた。




    ベンチに姿を現した
    ガンケルさんの超美人な奥様✨

    そんな奥様の観ている前だから
    カッコイイ姿を魅せたいものよね🙋‍♀️✨

    6回1/3
    83球を投げて4安打無失点

    これで今季9勝目
    二桁勝利へあと一歩だ😉🐯

    安定感の光る抜群の投球術
    さすがは我らがガンケル先生です🤗🐯 pic.twitter.com/JGcOmqbkBK



    ガンケルさんの奥様美人やん

    #阪神タイガース


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <中日0-2阪神>◇22日◇バンテリンドーム

    阪神が連敗を「3」でストップした。先発秋山拓巳投手(30)が7回4安打無失点の好投で9勝目。矢野燿大監督(52)は勝利に導いた右腕の投球を絶賛した。


    矢野監督の一問一答は以下の通り。

    -先発秋山が三塁も踏ませない好投

    いやぁ、申し分ないよ。もちろん、あのまま行かせてやりたかったっていうのもある。まあでも(7回の)最後、木下(拓)かな? 相性もあんまりよくないところやったけど、2死一塁やったけど、しっかりラストだっていう思いで投げてくれた。そういうところではアキのピッチングが、今日の試合のほぼすべてっていうか、そんな内容だった。

    -青柳とハーラートップタイがチームに2人

    まあそれは途中だから。それはプラスに捉えて、もちろん狙っていけばいいし、狙えるものはやっぱりとればいい。それよりも自分のピッチングであったり、自分をより高められる、もっといい内容のアウトを取るとか、やっぱりそっちに気持ちを持っていったほうが(いい)。常に俺らは数字に追われてしまうから。そういうのは動いちゃうんでね。俺はあんまりそっちに気持ちをとられないほうが、それがモチベーションとして上げるのはいいんだよ。俺はそういう風に思っている。

    -先制点はロハスだった

    1発で仕留めるっていうところで、いい内容のホームランやった。慣れてきているっていうかね。そういう部分もあるんじゃないかなと思う。

    -右打席で結果が出始めた

    どっちかというと対応力は左の方があるなというのはあるけど、右でも打ってくれるというのは、もちろんこっちとしては必要なこと。そういうところをもっともっとアピールしてもらいたい。そうなれば相手はより嫌なんで。右でも、もちろん左でも打ってほしい。

    -結果が出ていなかったころと違いは

    ずっと見てきているわけじゃないから、ロハスのことが全部わかっているわけじゃないけど、日本の審判のことであったり、配球であったり、攻め方であったり、そういう部分もある程度やらないダメだし、コロナでなかなか来られない状況の中でスタートしたんでね。外国人選手の枠の争いももちろんある。本人の中で慣れてきた、結果が出ているというところでは、気持ち的にも落ち着いて打席には入れるというところはあると思う。

    -外国人枠ではマルテもいるが

    それは俺が判断するから。いい悩みだし、それがあること自体は俺はいいことだと思っている。チームにマイナスなことじゃないんで。俺が全体のことを考えて俺が判断させてもらう。

    -打線を組み替えた

    健斗(糸原)がちょっと、疲れもあるしね。アイツが引っ張ってくれていたところは今までもあったんで。ベンチから見るということでまた、気持ちのリフレッシュもある、体のリフレッシュもある。逆に言うと聖也(木浪)がそのワンチャンスをしっかりものにしてくれたのは健斗にとってもいいし、チームにとってもいいこと。聖也は少ないチャンスをものにしてくれたかなと思う。

    -6回にエンドランも決まった

    中野が決めてくれたのが大きい。ボールで当てるのが難しいコースやと思うけど、何とか食らいついてくれたからこそ、あの1点が入った。もちろん、1点ではバッテリーも苦しいんで。中野がよくそういうところで決めてくれたかなと思う。

    -いい勝ち方

    勝ち方としてはもっといい勝ち方をしないとダメだから。悠輔(大山)はいい打球を捕られたとかあったけど、(打線の)中心のところで返していくのは俺らが上を目指す上では必要なところ。きょうの試合を2-0で勝ったからいいとは思わない。




    今年のエースは秋山。 青柳もよくやってるけどやっぱり秋山やわ。 去年からずーっと頼りになるし、何より今年は苦しい場面で本当にエースの投球してるわ。ありがとう秋山。 そしてそのエースを冷遇する矢野...ゴミすぎるわ...



    阪神タイガース、安心して見てられる先発投手 秋山青柳伊藤 後最低でも1人か2人欲しい‼️矢野さん何とかしてーや


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    (セ・リーグ、中日0―2阪神、14回戦、阪神7勝6敗1分、22日、バンテリンドーム)チームを救うために、右腕を振った。阪神・秋山が7回4安打無失点の好投。ハーラートップに並ぶ9勝目(4敗)を挙げた。

    「連敗していたので僕が止めるという気持ちで、立ち上がりからしっかり投げようと思って入りました」

    一回2死一塁からビシエドをフォークで空振り三振。ロハスの先制弾でリードした二回以降は、最速141キロの直球を速く見せるために、110キロ前後のカーブを多投した。

    ■「テンポよく」7回無失点 七回、先頭のビシエドに右前打を許したが、二塁を狙ったビシエドを佐藤輝が好送球で封殺。「守備にも助けてもらいながら、テンポよく投げることができた」。八回から岩崎にバトンを渡し、九回はスアレスが試合を締め、秋山は「いつも本当に頼りになるピッチングをしてくれて、ベンチで安心して応援することができた」と頭を下げた。青柳、高橋(巨人)と並ぶ9勝目。目標の2年連続2桁勝利に王手をかけた。

    5月中旬。親交のある人気ダンス&ボーカルグループ「EXILE」のATSUSHIからYouTubeで「今年も2桁勝利を挙げたらアッキャマン(秋山)のために(甲子園での)登場曲を作る」と約束をもらい、「すごい方から話をいただいて。余計に2桁(勝利)をしないと…という気持ち」と決意を新たにした。

    ■初の最多勝タイトル夢じゃない その言葉通り、ATSUSHIが公約して以降、秋山は10試合に登板して6勝2敗と勝ち星を積み重ねて、50試合を残してリーチをかけた。「まだまだ登板数がある。そこ(10勝)で満足しないで一試合、一試合、自分の仕事をまっとうしたい」。2017年にマークした自己最多の12勝超え、さらにプロ12年目の30歳にして初の最多勝のタイトルも夢ではない。

    「きょうは、いい勝ち方できた。火曜日(24日のDeNA戦に先発予定の)青柳が頑張ってくれると思う。また僕は、しっかり調整したい」

    最多勝争いのライバルとなる2学年下の後輩と切磋琢磨しながら、16年ぶりのVへ盛り上げていく。(三木建次)




    秋山よ! あと、1勝でEXILEが待ってるぞ



    阪神秋山拓巳、悲願Vへ「巨人に当ててもらい白星重ねられたら」一問一答(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース 登場曲作ってもらうまで後1勝!!!  https://news.yahoo.co.jp/articles/a07f7811e08fdf28a9b5cd4344ee62e794f4db86 


    続きを読む

    このページのトップヘ