とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    Aクラス

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     今年、阪神は見事なまでに世代交代を果たしたと言える。レギュラーに生え抜きの20代野手が多数在籍し、FAなどで獲得した選手が主力を占めた2010年代前半とは明らかに様変わりした。

     2009年から阪神のドラフトをトラ番、そしてアマチュア担当として追ってきた。転機になったと考えられるのが2015年度だ。会議直前に就任が決まった金本新監督の言葉。それが虎のドラフト戦略を根本から覆し、新たな風を吹き込んだと記憶している。

     「入ってから教育すればいいんだから素材のいいのを取りましょうと(伝えた)。無難な選手のドラフトは脱却しないと。それは僕も言ってるので。欠点、大いに結構。欠点は(チームに)入れて直すんだから。それは昨日も、何回も口酸っぱく言いました。コントロールが悪いとか変化球が少ないとか、変化球を打てないとかインコース打てないとか、今はまったく無視をして」

     この年、5位で指名した青柳がその最たる例だったかもしれない。帝京大時代は制球力、フィールディングが不安視され、評価を落としていた。一方、右横手から繰り出されるツーシーム系のボールの強さはダイヤの原石だった。

     「欠点、大いに結構」-。

     弱点ではなく特筆すべきポイントに焦点を当て、数球団しか調査書を出していなかった右腕を指名。1年目から4勝をマークし、防御率は3・29。ドラフト5位指名としては十分な成績を残したことで、金本監督の考えはチーム全体に浸透していった。

     翌16年度は1位に大山を指名し、ドラフト会場にいたファンを驚かせた。さらに5位で大卒・社会人出身の糸原を指名。この当時まで阪神は大卒・社会人を経た野手の指名は球団フロントや電鉄本社サイドの「伸びしろが少ない」という考えから敬遠されがちだった。

     それでも金本監督は「スイングの強さがある」と指名した理由を説明。その言葉通り、糸原は1年目から結果を残し、以降は主将を任されるなど中心選手へと成長した。魅力がある選手であれば、経歴や年齢は問わないという考え方。そう信じて獲得した選手を試合で使い、選手も結果を残す。その好循環は、金本監督の退任後もチームに根付いていった。

     2018年度に外れ1位で指名した近本、3位で指名した木浪、4位の斎藤はいずれも大卒社会人出身の選手。翌19年度は1位~5位まで一気に高校生を指名しするなど大胆なかじ取りを見せ、2年目となった今季、西純と及川がプロ初勝利を挙げた。20年度は佐藤輝に加え、2位の伊藤将、6位・中野が1軍に欠かせない存在になっていることに加え、5位・村上、8位・石井大も1軍のマウンドを踏んでいる。

     実は2010年代前半にも「ドラフトはチームの骨格」と称し、フロントが改革に乗り出そうと機運が高まった時期があった。しかしその反面、「失敗したくない」という不安がつきまとっていた。行く先にあったのは「ある程度守れてある程度打てる野手」「バランスの取れたピッチャー」というふうな“理想形”に落ち着いていったように思う。

     そんな中、強いリーダーが現れ、これまでの概念を一気に吹き飛ばした。新たな風を吹き込んだタイミングからちょうど6年、チームは大きく変わった。今年のドラフト会議は10月11日に開催される。果たしてどんな選手が指名されるか、そしてその頃のチームの順位は?興味が尽きない秋になるかもしれない。(デイリースポーツ・重松健三)




    阪神のドラフトが変わった2015年 金本氏の「欠点、大いに結構」から始まった好循環(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/f295e1b4f7fe847f26a7be32bf0fd04a14c87f7a  今のチームはしっかりしたドラフト戦略のおかげ👏👏👏



    今年優勝して金本さんにも報われて欲しい。戦力の再構築期に勝てなくて色々言われたけど、その路線が間違ってなくて良かった。 阪神のドラフトが変わった2015年 金本氏の「欠点、大いに結構」から始まった好循環(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/f295e1b4f7fe847f26a7be32bf0fd04a14c87f7a 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


    <阪神11-3中日>◇19日◇甲子園

    阪神が今季初のAクラスに浮上した。今季2度目の4連勝で最大8あった借金も見事に完済した。 

    ▼阪神の4連勝は今季最長タイで、7月4日広島戦~同10日DeNA戦に続き2度目。同一カード3連戦3連勝は今季初で、19年8月20~22日DeNA戦(京セラドーム大阪)以来。甲子園では、19年7月5~7日広島戦以来。

    ▼中日戦の同一カード3連戦3連勝は、17年8月18~20日(ナゴヤドーム)以来。甲子園に限ると、08年7月1~3日以来、12年ぶり。

    ▼甲子園での日曜日の試合で阪神は、19年7月7日広島戦から7連勝となった。




    日曜の甲子園試合7連勝 ↑ なんて素敵な響きなんだ! 阪神が今季最長タイ4連勝 日曜の甲子園試合7連勝  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202007190001197.html  #スマートニュース



    いつのまにかとらほー!4連勝波に乗ってきた🐯


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <阪神11-3中日>◇19日◇甲子園

    阪神が今季初のAクラスに浮上した。今季2度目の4連勝で最大8あった借金も見事に完済した。

    3-3の同点に追いつかれた直後の4回。2四球1失策で1死満塁とすると、交代直後の2番手藤嶋から3番ジェリー・サンズ外野手(32)、4番大山悠輔内野手(25)が2者連続押し出し四球。なお、1死満塁から5番福留孝介外野手(43)が中犠飛。無安打で3点を奪い、中日を突き放した。

    6回には福留の左前に落ちる適時打で1点を追加。終盤の8回にも福留の4打点目となる中前適時打、原口文仁捕手(28)の左前2点適時打などで4得点。14安打11得点と今季24試合目にして初の2桁得点を記録した。

    今季初の同一カード3連勝で、ついに勝率5割に到達。開幕から2勝10敗と低迷していたが、その後に10勝2敗と見事なV字回復となった。




    【一軍】阪神11-3中日 猛虎打線が14安打11得点の大爆発!3タテかまして4連勝や!勝率も5割復帰!ナイスゲームやったで!  http://hanshintigers.jp  #hanshin #tigers #阪神タイガース #Its勝笑Timeオレがヤル



    @hanshintigersjp 【朗報】阪神タイガース、ついに借金完済






    @hanshintigersjp 阪神つっよww


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    kosien

    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/10/01(火) 08:41:24.33 ID:cCAs75B3a
    広島 1勝1敗
    阪神 8勝1敗

    no title

    5: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/10/01(火) 08:43:57.93 ID:zah/oYBup
    漫画やん

    6: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/10/01(火) 08:44:04.97 ID:Ysa+8XjH0
    2週間前に阪神を予想できたやつはえらいわ

    7: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/10/01(火) 08:44:06.28 ID:cCAs75B3a
    でもこんな戦いかた一年やったら死ぬ

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1569886884/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/09/30(月) 22:20:55.51 ID:1mEfCv2i0
    no title



    すごE

    24: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/09/30(月) 22:26:21.54 ID:lupqoGYKd
    >>1
    ヤクルトにしか目がいかない

    6: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/09/30(月) 22:22:40.44 ID:M9emtxot0
    地獄の底から舞い戻った短期決戦の鬼

    11: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/09/30(月) 22:24:16.88 ID:1mEfCv2i0
    先週は中日がいくと思ってたのにまさかだった

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1569849655/

    続きを読む

    このページのトップヘ