とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    DeNA

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ノーノー左腕攻略で、リーグ戦でも快進撃や! 阪神近本光司外野手(27)が17日のDeNA戦(甲子園)で対戦予定の今永撃ちに闘志を燃やした。この日は甲子園で全体練習に参加。リーグ戦再開を控え、「今永をどう打つかしか考えていないですね。今年まだ対戦していないんで、どう打とうかなと思っています」と初戦に集中した。

     今月1日から、近本-佐藤輝-大山のドラフト1位トリオで主軸を編成。チームは9勝2敗と巻き返し、4位にまで浮上した。近本は交流戦で自己最長14試合連続安打に、打率3割6分1厘と打ちまくった。1番からの配置転換でも勢いは止まらず。島田、中野を基本とした1、2番俊足コンビのつなぎ役としても重要なポジションをこなしている。「責任のある、チームの勝敗を握っているというのはすごく楽しいなとは思いますね。前2人が打てなかったら、僕がつなぐ、打っていたらかえす役割をしないといけない。そういうところの3番だと思うので。すごく、面白いなとは思っていますね」と充実感を漂わせる。

     今永は7日の日本ハム戦でノーヒットノーランの快挙を達成。Aクラス入りを視野に入れる阪神にとっては、ここでつまずくわけにはいかない。佐藤輝、大山との連係による得点パターンを、近本はしっかりとイメージできている。「2アウト、ランナーなしでも長打を狙おうかなと思わないです。なんとか塁に出て(後ろの)長打で1点、2点入るので」。好調の4、5番へバトンをつなぐことに徹し、左腕攻略をにらむ。

     投手陣は先発、リリーフともに盤石の態勢だ。課題の得点力が上がれば、リーグ戦再開でも快進撃は終わらない。「また新しいスタート、新しい自分ともなるので。そういったところで楽しみな部分ではあります」。新境地の背番号5が逆襲の虎をけん引する。【三宅ひとみ】




    スロースターターの近本。やはり今年も夏前から調子を上げてきました。 阪神・近本 打倒今永に全集中 新打順から打撃好調!自己最長タイ14試合連続安打中/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2022/06/15/0015387396.shtml  @Daily_Onlineより


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    NPB


    日本野球機構(NPB)の井原敦事務局長は7日、DeNAに新型コロナウイルス感染者が続出し、同日の阪神戦(甲子園)が中止になった経緯を説明した。

    この日の朝に採取した検体のPCR検査結果が報告されたのが15-16時頃だった。18時開始予定の試合に迫っていたこともあり、本来の12球団による臨時実行委員会ではなく、DeNAと阪神の両球団で協議して中止を決定し、セ、パ両リーグの理事長と他球団の了承を得た。

    DeNAは8日から中日との3連戦(横浜)が予定されている。井原事務局長は「先週末に始まった楽天さんと同じで、感染経路が不明である。発症の起点がどこにあるか不明ですので、今後の対応については、また明日考えないといけない。明日(8日)、臨時実行委を開いて、明日以降の横浜の挙行について対応を協議していこうと思っています」と説明した。




    DeNA陽性続出受け、あす臨時実行委員会開催 8日以降の試合開催協議へ NPB「感染経路が不明」(スポニチアネックス) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/922404e0e1b6b1caeda6d0541826a19bcd3fab70  これだけ感染拡大したらもう2球団だけの問題ではないよなぁ。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    甲子園



    【本日中止】本日4/7(木)の #阪神タイガース vs #横浜DeNAベイスターズ は、横浜DeNAベイスターズにおいて、新型コロナウイルス陽性者が発生していることを受け、感染拡大防止の観点から中止となりました。あしからずご了承ください。#甲子園 #hanshin #甲子園球場



    【悲報】甲子園、試合中止



    試合中止はだるい


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    甲子園


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神は12日のDeNA戦(横浜)に1―8と完敗。投打ともに精彩を欠き連勝は2でストップした。先発のガンケルが6回8安打5失点の内容で敗戦投手となり、2敗目を喫した。

    〝ラスボス級〟の存在感で矢野阪神を粉砕したのはタイラー・オースティン外野手(30)だ。この日も「4番・右翼」として先発出場したハマの主砲は3回の24号2ラン、7回の電光掲示板直撃となる25号3ランを含む4打数3安打5打点の大暴れ。矢野監督も「(DeNAに)やられる時はいつもオースティンにやられている。投手だけで抑えられない部分もある。状況や場面によってはキャッチャーの腕の見せどころ」と表情を曇らせる。

     東京五輪でも米国代表の中心打者として存在感を見せたオースティンは、文字通り虎の天敵だ。対阪神戦18試合で打率3割8分3厘、18打点、8本塁打。いずれも対セ・5球団の中ではワースト数字だ。

     データ通りの相性の悪さがこの日の試合でも出てしまい、大敗を喫した矢野阪神。対DeNA戦は今季残り3試合。いつまでもやられっ放しのわけにはいかない。




    捕手のせいにするの、相変わらずやねぇ。苦笑 完敗の阪神 急務のオースティン封じ 2本塁打を献上し、矢野監督「投手だけでは抑えられない部分」(スポニチアネックス) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/e6afe03ce1d86c502762ce1c4c6ce5ba88215082 



    完敗の阪神 急務のオースティン封じ 2本塁打を献上し、矢野監督「投手だけでは抑えられない部分」(スポニチアネックス)  https://news.yahoo.co.jp/articles/e6afe03ce1d86c502762ce1c4c6ce5ba88215082  そうよね、矢野捕手がラミちゃんにボコボコ打たれてたの思い出したわぁ…


    続きを読む

    このページのトップヘ