2
 「DeNA2-3阪神」(24日、横浜スタジアム)

 阪神がリーグトップとなる12度目の逆転勝ちで4連勝。今季最多の貯金4とした。4番・大山が決勝打。救援登板の守屋が2勝目を挙げた。二塁・上本の好プレーも光った。投打に締まった戦いで、DeNA戦は7連勝だ。

 試合は初回、先発の西が筒香に2ランを浴び、2点の先制を許した。それでも二回以降、粘りの投球でチームを鼓舞すると、打線が右腕の力投に応える。四回、無死満塁から福留の犠飛で1点を返すと、六回にはマルテの左犠飛で同点に追い付いた。

 さらに七回、先頭の近本が右翼線を破る三塁打でチャンスメークした。だが、続く上本が三振、糸井も三邪飛に倒れた。2死三塁。流れを失ったかに見えたが、4番の一振りが空気を一変させた。

 初球、内寄り低めの140キロを狙った。フェアかファウルか、フルスイングした打球は、切れずに三塁線の右で弾む。近本が勝ち越しのホームを踏んだ。大山は今季、今永に対して試合前の時点で10打数5安打、2本塁打と好相性を誇る。この日も四回に左前打でマルチ安打。13打数7安打、打率・538のキラーが今永を打ち崩した。

 「打ったのはカットボール。終盤のチャンスの場面だったので、初球から思い切って打ちにいきました。チーム全員で取った1点だと思います」。大山は今季5本目の決勝打で、糸井と並んでチームトップタイだ。

 八回の守備では、無死一塁から一、二塁間の打球を、二塁・上本が飛び付いて好捕。すかさず二塁に送球し、オーバーランした代走・桑原をタッチアウトに。この日、スタメン出場した糸原が右肘付近に死球を受け退いた中で、代わって登場した中堅がチームを救った。

 投げては2番手の守屋が1回1/3を無安打に抑えて2勝目。能見、藤川とつなぎ、4連投のドリスが11セーブ目を挙げた。

 4戦連続で1点差ゲームに競り勝ち、チームはDeNA相手に、2014年以来5年ぶりの7連勝。貯金を今季最多の4とした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190524-00000154-dal-base





【一軍】公式戦【阪神3-2DeNA】ようやった!大山!明日もええバッティング頼むでー!明日も勝ってやー!頑張れ阪神タイガース!  http://hanshintigers.jp/  #hanshin #tigers #阪神タイガース #ぶち破れオレがヤル



@hanshintigersjp ハマスタ阪神 16年 ●○○○●△○●○○○○ 17年 ○○○○●○○○●△○● 18年 ○○○○○●○○○○●○● 19年 ○○○○←new!



@hanshintigersjp 4番のバットで勝つっていいなぁ\(๑´ω`๑)/



@hanshintigersjp とらほー🐯 勝ちはつかなかったが西の粘りのピッチング コツコツと得点を積み重ねた打線 無失点に防いだ救援陣 エースの今永から勝てたのは大きい!


続きを読む