とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 2ちゃんねるやオープン2ちゃんねる、ツイッターなどからまとめてます

    FRIDAY

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    4月21日以来、約2ヵ月ぶりの1発だった。

    阪神・高山俊(28)が、6月26日の中日との2軍戦で放った3ラン本塁打だ。だが試合後の高山に、笑顔はない。

    「本当にやっていくしかない。いろいろ試行錯誤しながらやっていきます」

    打撃フォームをオープンぎみに変えるなど、本人の言葉通り試行錯誤の日々。ファームでは打率.201、3本塁打と結果を残せていない(成績は6月30日現在、以下同)。日大三高から明治大学という野球のエリートコースを歩み、16年にドラフト1位で阪神に入団した。だが、同年に.275、8本塁打、65打点の成績で新人王を獲得しながら成績は下降気味。

    今季は、いまだ1軍での出場機会がない。本人に余裕がないのは、当然かもしれない。

    「練習中は、惚れ惚れするほど素晴らしい打球を飛ばします。しかし昨年の出場は、プロ入り最少の42試合にとどまり、打率は.152、本塁打はゼロ。今季は、高山も期するものがあったのでしょう。キャンプでは奮起。実戦11試合で打率.429と打ちまくり、キャンプMVPに選ばれました。このまま復調するかと思いきや、好調は長続きしません。オープン戦では打率.118と再び低迷し、開幕2軍スタートとなったんです」(球団関係者)

    ◆金本監督の指導が……

    六大学野球の最多記録となる、通算131安打を放った高山。素質の高さは誰しも認めている。なぜ、プロで才能を開花できないのだろうか。

    「入団当時の監督だった金本知憲さんに、かなり厳しく指導されたんです。ドラフト1位選手への愛情の裏返しだと思いますが、教え方は相当キツかったといわれています。高山は金本さんの指示を強く意識し、常にベンチを見ながらプレーするようになったとか。

    高山のマジメな性格も、マイナスに働きました。阪神はOBの発言力が強い球団です。キャンプ地や試合前の球場に、たくさんのOBが来ていろいろなアドバイスをします。高山は、彼らの意見をすべて真摯に聞いていた。そのうち自分のスタイルを見失い、調子を崩しがちになったようです」(スポーツ紙記者)

    さらに高山を追い詰めたのが、新旧のドラフト1位の動向だという。

    「今季ドラ1で入団した佐藤輝明の大活躍は、高山のプレシャーになっているようです。同じ左打ちで、ポジションも外野と重なりますからね。『ルーキーに追い越された』と屈辱的な思いを感じても、不思議ではないでしょう。

    高山の危機感を強めた、もう一つの要因が、昨年オフに戦力外となった伊藤隼太です。同じ六大学のスター(伊藤は慶応大)でドラフト1位(同11年)。伊藤も期待されながら伸び悩み、ユニフォームを脱ぎました。明日は我が身と、高山は強い焦りを感じてもおかしくありません」(同前)

    素質があるのだから、環境を変えれば復調の可能性は十分ある。そういった噂が出るのも当然だろう。

    「まだ年齢も20代ですからね。元新人王を、このまま低迷させておくのはもったいない。候補に名前が出ている球団は、複数ありますよ。条件としては阪神のような人気球団でなく、マジメな性格の高山がのびのびプレーできるチームであること。

    例えば、ヤクルトです。ファミリー的な雰囲気で、高山が学生時代に慣れ親しんだ神宮球場を本拠地にしているため、その条件に合致します。ただ同じセ・リーグのため、再起すれば阪神の脅威となる。阪神が難色を示す可能性はあります。

    パ・リーグで思いつくのは、ロッテでしょう。阪神からは鳥谷敬や今岡誠が移籍して、それなりの存在感を示した実績があります。指導も、決してスパルタではない。何より高山自身が千葉県の出身で、子どもの頃はロッテのジュニアチームのメンバーでした。環境を変えて再起を期すには、うってつけの球団ではないでしょうか」(同前)

    チームは首位を快走するなか、「蚊帳の外」状態の高山。関西随一の人気球団のもとで、もう一度活躍する姿を見せることができるだろうか。

    FRIDAYデジタル




    2軍で打率2割…阪神・元ドラ1の高山「不振で噂される移籍先」(FRIDAY) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/31693fa54f17702d1aa4165041e2b043767046e2  2軍打率 高山 .201(2015年ドラフト1位) 平沢 .213(2015年ドラフト1位)



    ロッテは翔平を放出するくらい外野が飽和状態だから恐らくないだろ。 2軍で打率2割…阪神・元ドラ1の高山「不振で噂される移籍先」(FRIDAY)  https://news.yahoo.co.jp/articles/31693fa54f17702d1aa4165041e2b043767046e2 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    暮れなずむ町を長身の男性がしずしずと歩いていた。大阪有数の湾岸エリアとあって、周囲には腕を組んで歩くカップルや水辺でたたずむ会社員らがひしめいていたのが、男が近づくや、口をアングリと開けて見上げている。男は彼らより頭一つ、いや、三つも大きいのだ。

    まだ高校生の藤浪がOLと記念写真をパシャ!の初フライデー写真

    ――フライデーです。背が高いですね。

    本誌が声をかけると一瞬、目を丸くしたが、「野球の話を聞きたい」と告げると、藤浪晋太郎(26)は白い歯を見せた。

    「小学生の時点で180㎝ありました。自分の唯一の取り柄です。不器用で、野球センスのない男ですから……」

    自虐的なのは藤浪がこの5年間、悩みに悩んだからだろうか。だが今年、球界の至宝はたしかに復活の兆(きざ)しを見せた。

    「3月にコロナに罹(かか)って、治癒したかと思ったら5月には寝坊で練習に遅刻して、先発でなかなか結果が出なくて――いいことも悪いこともいろいろあった。ありすぎたシーズンでした」

    重要な転機となった一年を振り返る。

    ◆聞き流せなかった言葉

    ――球界第一号の新型コロナ感染者。その一報が出た後、藤浪さんが男女混合の食事会に参加していたことが判明して「合コンクラスター」と大炎上しました。

    「球団には最初から『会食には女性も参加していた』と正直に話していたんです。別に悪意があったわけじゃなく、情報が錯綜(さくそう)していただけだと思いますけど、テレビで球団社長が『選手7名で会食した』と説明するシーンを見て『これじゃ、自分がウソをついたみたいになる』と頭を抱えました。ただ、その後の遅刻に関しては、完全に気持ちの緩みが原因です。

    自分のスマホはアラームが作動しないことがある。怖いので普段はベルがジリジリ鳴る目覚まし時計を別に二つセットしているんですが、あの日に限ってセットするのを忘れ、スマホのアラームも鳴らず……。『このタイミングで重なるか』と落ち込みましたけど、『もうおしまいだ』とまでは思いませんでした。逆に『何が何でも野球で結果を出すしかない』と切り替えることができた」

    ――強いですね。ネット上には「藤浪は限界」「トレードに出せ」など罵詈雑言(ばりぞうごん)が溢れていましたが、ご覧になりましたか。

    「エゴサーチはしないので……ただ、スマホを見ていると、イヤでもネットニュースの見出しが目に飛び込んでくる。とくに『Yahoo!ニュース』は自分の悪いニュースがやたらトップに上がっている気が……『Yahoo!』さんに嫌われているのかな(笑)。まあ、ついこの間はいい記事もトップにしてくれてましたが。自分も人間なんで、悪口を言われたらそりゃ落ち込みます。だけど、『話題にしてもらっているうちが華』と自分に言い聞かせていました」

    もちろん、聞き流せない言葉もあった。たとえば「イップス」がそれだ。

    「制球難ってイップスで片づけやすいんですよ。ただ、イップスって投げることすら難しい状態を指す言葉です。なのに『いやいやいや、自分は違う』といくら否定しても、『イップスを認めないことには次のステップに進めないぞ』とか『イップスは治らない』と聞く耳を持ってもらえない。ふざけんな、誰がイップスや!と本当に悔しかったですね」

    釣り、競馬、ゴルフ、アクアリウムにカメラ、キャンプと多趣味な藤浪。だが、何をしても気分は晴れない。支えとなったのは騎手・武豊(51)の言葉だった。

    「豊さんにはとてもよくしていただいていて、時々食事に誘ってくださるんです。あれは去年だったと思うんですが、会食した際にお酒が入った勢いで『武豊であることをシンドイと思ったことはないんですか』と聞いたんです。競馬のファンはおカネを賭けている。生活に直結しているゆえ野次や罵詈雑言のキツさは自分の比じゃないですから。ところが豊さんは『思わんね』と即答したんです。

    『驕(おご)りとか調子に乗っているとかではなく、武豊だからこそ厳しく言われるんやと考えている。自分が特別な存在やから世間は厳しい。そう考えたら少しは気が楽になるよ』と。『なんでここまで言われなあかんねん』『どうして俺ばかり』という不満が、かなり解消しました。だからこそ、あれだけ猛バッシングされても『野球で受けた悔しさは野球で返すしかない』と前向きでいられたんだと思います」

    ――制球難に陥った原因は何なのですか。

    「プロ4年目の’16年、初めてフタケタ勝利に届かず負け越したんです。何かを変えなきゃ勝てなくなると思い、いろいろな理論を学び、フォームの修正に手を付け、評判のいいトレーニングを取り入れるなかで、本来のフォームを見失ってしまった。うまくボールに力が伝わるタイミングがわからなくなってしまった」

    ◆ゴルフ界からの「指摘」

    ’19年秋と’20年春のキャンプで臨時コーチを務めた山本昌氏(55)は「復活のキッカケを与えてくれた人」だという。

    「昌さんの助言は二つ。一つは『ボールをちゃんと捕まえなさい』。卓球やテニスってラケットを被せるように、ボールを切るようにスイングしないと、打球がポーンと上がってしまいますよね。あれに近い感覚です。捕まえ切れていないから、抜けるんだよと。もう一つはリリースの『タイミング』。この2点だけでした」

    混乱した頭の整理に役立つ助言は、他競技からも寄せられた。ゴルフのレッスンプロもその一人だ。

    「動作解析マニアの方で、自分の投球動画に解説を添えて送ってくれたんです。『ゴルフで言うところのプッシュアウト(打球が右方向に押し出される)の形になっているよ』と。見ると、マウンドを蹴って打者のほうへ踏み出すときに右ヒジを下げ、背中側に引いていた。『プッシュの形』になっていたんです。理論的に同じことを投手コーチも指摘してくださっていたんですけど、『プッシュの形』という表現が感覚としてわかりやすかった。すごくイメージしやすかったんです」

    ――中継ぎに回り、藤川球児(40)と過ごす時間ができたことで得たものは?

    「球児さんって、同僚のキャッチボールを本当によく見ていて、気づいたことをその場でアドバイスしてくださるんです。練習法や技術論……話題はさまざまでしたけど、ピッチャー用語で言う『ライン出し』の話はよくしました」

    ――打者方向に向かって踏み出すときのベクトルの向きが「ライン」で、身体を「ライン」に乗せて真っ直ぐ腕を振れば、制球しやすくなる、という理論ですね。

    「球児さんは一味違いました。通常、投球練習は打者から遠いところ、外角から始めるんですけど、『プレートの右端(三塁側)に立って、右打者の内角にラインを出し、そこでボールを捕まえる練習から始めなさい』と言うんです。抜けたボールが打者に当たるのがイヤで、自分はいつもプレートの左端、一塁側を踏んで投げていたんですけど、三塁側に立ってみて気づいたことがあった。

    一塁側を踏むってことはゴルフで言えばティーグランドの左端に立ち、コースに対して右向きで打つ形になる。『プッシュの形』になるんですよ。球児さんの言う通り、三塁側に立って右打者の内角にボールを引っ張り込むように投げれば、多少フェード(シュート)したっていいわけで……」

    武、山本昌、そして球児――3人のレジェンドとゴルフ界のアシストを受け、ついにトンネルの出口が見えた。

    「迷いがなくなり、余裕が生まれました。これまではマウンドの上でも悩んでいましたが、いまは打者に集中できている」

    ソフトバンクの2年連続の4連勝で幕を閉じた’20年の日本シリーズ。巨人惨敗の原因に挙げられたのが「パワーの差」だった。評論家は「セ・リーグにパワーピッチャーがいないのが敗因」と嘆いた。

    だが、平均球速も最高球速もソフトバンクのエース、千賀滉大(こうだい)(27)を凌ぐ剛腕がセにはいる。藤浪の復活が〝セ界復権〟の第一歩となろう。

    『FRIDAY』2021年1月1日号より

    FRIDAYデジタル




    原因はあくまで技術的な事なんでしょうが、その技術をコントロール出来る心が重要なんだと言う事に気がついたならば大丈夫だと思います。 藤浪晋太郎がすべてを語った「本当に悔しかった。誰がイップスや」(FRIDAY) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/1e4bae0c273e6bdeff3fbfd447813fb6584ab5a7 



    藤浪晋太郎がすべてを語った「本当に悔しかった。誰がイップスや」(FRIDAY)  https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20201229-00000002-friday-base  武豊すごいな。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    「先発でやっていきたいなと思っているよ。チームのバランスを考えても、今の時点では先発の方が(チームと本人)どちらのためにもなるのかなと」

    11月16日、甲子園で行われた秋季練習。阪神の矢野耀大監督は、来季の藤浪晋太郎(26)の起用法についてこう語った。

    「今季序盤の藤浪は散々でした。3月に女性を交えた食事会に出席し、新型コロナウイルスへの感染が発覚。5月には練習に遅刻し、二軍に降格させられました。精神的な落ち込みもあったのでしょう。9月の巨人戦で先発するも、5回途中11失点の球団ワースト記録で再び二軍に落ちています。

    ただ9月下旬に一軍昇格し、リリーフ陣のコマ不足から中継ぎへ転向したのが功を奏しました。13試合に登板し、失点は2試合のみ。入団以来3年連続で2ケタ勝利をあげた、当時の自信を取り戻したようです。160km以上の速球で、打者をグイグイ押していましたから。リリーフとしての投球が評価され、来季は再びローテーション入りへ挑戦することになりました」(球団関係者)

    ただ、矢野監督も無条件で先発に復帰させるわけではない。藤浪に条件もつけている。

    「縦のスライダーの取得です。藤浪は横に曲がるスライダーは持っていますが、これでは先発として不十分と考えているようです。矢野監督はこう言っています。『(曲がり方が)縦のほうがいいと思っている。横に流れると抜けたり引っ掛かったりと、曲がる幅がデカくなるから(打者が見極めやすい)。縦に曲がるならベース幅の中で空振りが取れるし、打者も見極めにくい』と。

    イメージは、縦のスライダーを得意とするダルビッシュだとか。ダルビッシュは藤浪にとって、18年1月に自主トレを共にするなど、尊敬する先輩投手。矢野監督も、藤浪に受け入れやすいと考えたのでしょう」(スポーツ紙記者)

    ◆再びダメだったら……

    中継ぎとして実績を積み、自信を取り戻した藤浪。安心してローテーションの一角を任せられるかと思いきや、チーム内には不安視する声も多い。

    「縦のスライダーを覚えても、藤浪の最大の課題は解決しないでしょう。昨年1勝もあげられなかった根本原因である、制球難が克服されたわけではありませんから。1イニングの中継ぎなら、ある程度は速球で押していけます。しかし先発として一本調子の投球では、長いイニングはもちません。藤浪は右打者への死球を恐れ、内角を攻めることができず外角中心の配球になる。2巡目以降に打ち込まれる要因です。

    本人の気持ちの問題もあります。コロナ感染や相次ぐ先発での失敗で落ち込む藤浪を励まし続けたのは、今季限りで引退する抑えの藤川球児です。『この苦しい時期を乗り越えれば、必ず良くなる。腐るなよ』と言ってね。藤浪は現在『(来季)先発でやりたい』と前向きですが、一時は藤川さんの穴は自分が埋めると意気込んでいました。役割が二転三転して、藤川のやる気が維持できるか不安です」(同前)

    リリーフで打者を圧倒し、本人のモチベーションも上がっていた……。では、なぜ不安要素が残る先発再転向が取りざたされるのだろうか。

    「球団幹部やフロントの意向だと思いますよ。阪神では、いまだにピッチャーの花形は先発という古い考えがあります。甲子園のスターとしてドラフト1位で入団した藤浪には、中継ぎという地味な役割としてではなくエースとして華々しく活躍してほしいのでしょう。

    ただ藤浪は先発として、どん底を経験している。再びダメだったら……。野球人として立ち直れないぐらいの、大きなダメージを受ける可能性もあります。先発転向と簡単に言いますが、大きなリスクをはらんでいるんです」(前出・球団関係者)

    自信を持ったリリーフで安定した道を歩ませるか、再びエースに挑戦させる危険をおかすかーー。藤浪の野球人生を左右する決断は、球団が握っている。




    来季先発へ再転向でも阪神・藤浪晋太郎に不安が消えない理由(FRIDAY) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/ab8fd8e94ff1f32797a725a8e76a4150b8da19c7  この球界関係者ってのは実在するのかね?記者の妄想じゃないの?



    来期先発へ再転向でも阪神・藤浪晋太郎に不安が消えない理由(FRIDAY)  https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20201126-00000002-friday-base  先発ダメならまた中継ぎやればいいだけ。アホな記事!阪神には絶対必要なピッチャー。あんな速球投げる投手は球界でも飛び抜けている。もう心配なんか不要!


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1

    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/06/15(月) 18:49:12.15 ID:pbn9Ka549
    「あなた酷いですね。今の会話、録音していますから。嘘をついたら大変ですよ」

    そう低い声で電話越しの相手を“威嚇”したのは女優の佐々木希だ。

    テレビ復帰は絶望的…佐々木希を怒らせた不倫夫・渡部建の落とし前

    夫は「週刊文春」で複数女性との不倫疑惑が報じられ、大炎上中の「アンジャッシュ」渡部建。2人は‘17年に結婚し、翌年9月に第一子となる男児をもうけた。

    同誌によれば、渡部は佐々木と結婚前から不特定多数の女性と乱倫生活を送ってきたという。結婚、出産後もそれはおさまらず、六本木ヒルズ地下の多目的トイレに女性を呼びつけ、肉体関係を持っていたというのだから、道義的にもアウトと言わざるを得ない。

    渡部は不倫の事実を認め、芸能活動の無期限自粛を表明。テレビ、ラジオを含め8本のレギュラー番組を持つ売れっ子だが、それもすべて失う可能性が高い。

    「妻の佐々木さんと一緒にCMにも出ていて、夫婦円満のイメージが強かった。それだけに今回のスキャンダルは致命的。復帰は絶望的で、このまま芸能界からフェードアウトすることも考えられます」

    とはテレビ局関係者。そんななか、気になるのは冒頭の佐々木の発言だ。

    電話越しの相手は渡部と“関係”を持ち、文春の取材に応じたAさん。渡部は文春記者の直撃取材に取り乱し、現場から逃走。その後、Aさんら関係を結んだ相手に事実確認の電話をしていたというが、その際、渡部が妻に電話を代わる場面もあったという。

    「夫から電話を代わった佐々木さんは怒りを押し殺すように、相手女性に事実関係を問い質したそうです。『幸せな家庭をめちゃくちゃにしやがって!』という気持ちもあったのかもしれません」(スポーツ紙記者)

    さて、ここでわかるのが、初期段階で渡部がどのようにスキャンダルを妻に報告していたか、だ。発売された文春を読む限り、渡部に対する情状酌量の余地は微塵もない。

    だが、電話越しに話す佐々木は夫よりも、相手女性に対し怒りをあらわにしている。これが一体何を意味するかと言えば……。

    「佐々木さんは当初は美人局を疑っていたようです。渡部さんは最初、『ハメられた』『ハニートラップだ』という主旨の話で報告したそうですから。その中にセクシー女優がいたことからも、渡部さんは『仕事の関係でいろいろあったと誤魔化せる』と思ったのでしょう。佐々木さんはひとまず夫の言い分を信じ、相手女性に訴訟をチラつかせて詰問したのです。

    しかし、実際はハメたわけでも何でもなく、渡部さんの行為がゲス過ぎて、恨みを買っていただけ。文春砲の中身がわかると、夫の説明と齟齬が生じ、佐々木さんは二度傷つくことになりました」(同・スポーツ紙記者)

    渡部は所属事務所を通じて、

    《今回の報道に関しましては、私の不徳の致すところであり、 家族を深く傷つけ、また、普段お世話になっている仕事関係の皆様、応援をしてくださる皆様に対し多大なご迷惑をおかけしたと大変猛省しております。 妻にも説明し、謝罪しました。 誠に申し訳ございませんでした》

    とコメント。「妻に説明し、謝罪しました」のくだりは、文春の中身を知り、観念したかのようにみえる。

    一部報道によれば、佐々木は深く傷つき、現実を受け入れられない状況という。他方で「女性セブン」(小学館)では「離婚も別居もしない」と報じられている。

    「佐々木さんの所属事務所には、不倫スキャンダルを起こした東出昌大さんの妻・杏さんがいる。杏さんも最初は『離婚はしない』という報道が先行したが、その後に潮目が変わり、現在は離婚が濃厚と言われる。佐々木さんも1歳半になる息子のことを思えば、心変わりがあってもおかしくはありません」(ワイドショー関係者)

    渡部の“自己保身”がすべて裏目に出てしまったようだ――。

    6/15(月) 7:02
    https://news.yahoo.co.jp/articles/03bd8d12353dae4f4926da4e29fc1d0b1b9ad357


    44: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/06/15(月) 19:30:32.35 ID:uA+zIYCf0
    >>1
    1度裏切ったら
    何度でも裏切よる
    ほとぼり冷めたらまたやるよ
    可哀想だが渡部は病気だよ病気

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/06/15(月) 18:52:11.16 ID:eWfgSdbQ0
    実際ハニートラップだった可能性も否定できないし
    こんな風に金目当てで暴露されて結果ハニートラップと何ら変わらないだろう

    引用元: https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1592214552/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    昨年9勝を挙げ一気にブレイク、さらなる飛躍が期待される阪神タイガースの青柳晃洋投手。自主トレの合間に今季にかける意気込みを聞いてみた。
    自身初の規定投球回をクリアし、2019年はセ・リーグ投手成績6位。勝利数もチーム内2番目の9勝を挙げて、虎党のハートをがっちりと摑んだ。サイドスローとアンダースローの中間から繰り出すストレートは140キロ台後半を計測。球界でも稀有な変則右腕は、更なる高みを目指して、優し気な瞳に新たな闘志を宿した。

    阪神ファンが期待するのは青柳のさらなる進化と、この男・藤浪晋太郎の復活

    一年の始まりは阪神鳴尾浜球場で、と決めている。

    新人時代から汗を流してきた原点といえる場所。そんな始まりの地で青柳は自分の足元を見つめ直すように、その年の最初の一歩を踏み出す。

    「他球団にあまり知り合いがいないんです。それと、阪神にも素晴らしい実績を持った先輩や見習うべき方がたくさんいるんですけど、自分と同じ投げ方の人ってなかなかいないじゃないですか。それもここで一人でやる理由なんです」

    球団施設であれば充実した設備はもちろん、何かあればトレーナーが傍にいて対応してくれる。時間を無駄にすることなく、自分のやりたいことに没頭するにはこの場所が一番だった。


    ▼記事全文はこちら



    今季はエースの座を狙う! 阪神・青柳晃洋を覚醒させたアドバイス(FRIDAY) - Y!ニュース #Yahooニュースアプリ 凄い良いアドバイスやなぁ。福原とか経験豊富なコーチと西か  https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200215-00000005-friday-base 



    講談社「FRIDAYデジタル」でインタビューしてきた阪神タイガース・青柳晃洋投手の記事が掲載されました。 お時間あるときにご一読いただけたら。よろしくお願いします!  https://friday.kodansha.co.jp/article/96160 


    続きを読む

    このページのトップヘ