no title


 「左足首の関節鏡視下クリーニング術および靱帯(じんたい)補強術」を受けた阪神・糸井嘉男外野手(38)が27日、兵庫・西宮市にある鳴尾浜球場に姿を見せ、術後初めて報道陣の前で経過を語った。

 「やっと松葉づえも取れて、加重できるようになった。歩行は曲げたらいけない角度もありますけど、前進はしていますね」

 この日は治療後、室内練習場でバットを持ち、座った状態でのティー打撃。ウエートトレーニングなど精力的に汗を流した。まだ足を引きずって歩くなど、痛々しい姿だが、来季の完全復活に向けて懸命なリハビリを続けている。「来月にはジョグ、12月にダッシュもできると思う」。現時点で経過は順調で開幕には、万全の状態で臨める見込みだ。

 糸井は8月9日の広島戦(京セラドーム)で二回、2死満塁で右前2点適時打を放って出塁。一、三塁となったところで、大山の2球目に二盗を企画した。菊池涼のタッチを避けながら二塁へスライディングしたが、この時に二塁ベースで左足首付近を強打。座り込んだまま表情をゆがめた。その後、足を引きずってベンチへ。三回の守備から交代し、試合中に大阪市内の病院へ向かい、左足首の関節炎と診断されていた。

 懸命にリハビリを続けていたが「復帰を目指した中で全く良くならなかった。無理してでもやりたいと思っていたが、我慢できないレベルの痛みだった。手術した方が先の見通しがたつので」と、なかなか状態が上向かず手術を決断。都内の病院で「左足首の関節鏡視下クリーニング術および靱帯(じんたい)補強術」を受け、9日に退院したことが球団から発表された。

 今季は主に3番で103試合に出場。チームトップの打率・313、5本塁打、42打点と打線の中核を担った。チームは終盤、驚異的な快進撃でAクラス入りしたが、攻撃はあと1本が出ない状況が続いた。CSファイナルSでは巨人に完敗するなど、糸井離脱で苦しい戦いが続いた。来季が4年契約の4年目。39歳シーズンになるが、必要戦力に変わりはない。

 現在は、東大阪市にある「ウィルチェアースポーツ広場」に出向き、リハビリの一環で「車いすソフトボール」にも取り組んでいる。ウィルチェアーとは、年齢や障害の有無に関わらず、共にスポーツを楽しむことをテーマにした「車いすスポーツ」の英訳。「かなりキツい」という上半身を使ったハードトレーニングで、下半身不随の人や、脊髄を損傷した人らと一緒に、汗を流すこともあるという。

 「みんなが楽しくやっている。そういうのを見ていると、思い起こされることがありますね。リハビリのために行っているんですけど、リハビリ以上のものをみんなからもらっています」。来シーズンに向けて今後も、休みなくリハビリとトレーニングを続けていく。超人は「I’ll be back」と、映画ターミネーターの名言で、来季の完全復活を誓った。





🐯 糸井...生きてた!ww👏🏻🤣 「I’ll be back」 左足首の手術後初めて鳴尾浜に! #阪神タイガース #糸井嘉男 記事デイリーさん 記事はスレッドに...🙇 pic.twitter.com/AKESwqA4uM



ターミネーターのセリフを出す糸井先生。 糸井「I’ll be back」左足首の手術後初めて鳴尾浜球場に/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2019/10/27/0012824555.shtml  @Daily_Onlineより



情報なくて心配してたらやっと情報が!! 【阪神】糸井 左足首手術後の経過明かす「前進はしています」(スポーツ報知)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191027-00000106-sph-base 


続きを読む